2020年6月30日 (火)

9月末日で夢ホームを閉園します

2009年3月、当会会員のご厚意により、カンボジア、コンポンスプー県に開設した児童養護施設「夢ホーム」は、既報の通り9月末日をもち閉園いたします。

「夢ホーム」は、両親のいない子や家庭環境が悪く通学困難な子どもたちの受け皿として、多い時には20人もの子どもたちを受け入れ、多くの子どもたちが自立し社会へ巣だっていきました。

しかし、昨今の経済成長に伴い、「夢ホーム」近隣にもたくさんの縫製工場ができ、農村の暮らしぶりが改善されつつあります。

そこで「夢ホーム」は社会的役割を果たし得たという評価のもと、約10年間の歩みを終えることにしました。

現在、5人の子どもたちが入園していますが、今後は別の形で教育支援を継続してまいります。
 
写真=2009年に行われた開園式ほか

Photo_20200630151601 Photo_20200630151602

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

7つの小学校で井戸贈呈式を行いました

6月17日、当会の日本人会員様からの寄付により、カンボジア、コンポンチャム県内の7つの小学校に井戸を寄贈し、その贈呈式を行いました。

カンボジアの小学校は、コロナウイルス感染予防のため3月から休校していますが、校長先生にお願いし、一部生徒に登校してもらいました。

日本からのカンボジア行き飛行機の大半が運休していますので、今回現地スタッフのみで行いました。20年の歴史で初めてのことです。

カンボジア訪問が可能になったら、あらためて井戸を寄贈した小学校を訪ね、井戸の仕上がり具合などを点検する予定にしています。

Photo_20200625080201 Photo_20200625080101

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

新校舎の建設着工式が盛大に行われました

カンボジア・クラチェ県内の2つの小学校で新校舎の建設が始まり、6月16日、地元の皆さんが中心となり、着工式が盛大に行われました。

 この2つの校舎は、日本人篤志家による資金協力によるもので、11月の完成を目指しています。
 
 コロナウイルスの蔓延により飛行機が飛ばなくなったため、残念ながら日本から参加できませんでしたが、地元の皆さんが自主的に着工式を実施してくれました。

 情報によると、カンボジアの学校は新学期の11月まで休校が続くそうですので、11月に予定している校舎の贈呈式(開校式)には、久しぶりに登校する子どもたちの元気な姿を見ることができるでしょう。

 贈呈式(開校式)には、多くの日本人が式に出席する予定です。

Photo_20200622100502 Photo_20200622100501

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

新校舎の建設が始まりました

日本人篤志家により、クラチェ県の2つの小学校に新しい校舎の建設工事が始まりました。

●ドーンポック小学校、クラチェ県スヌオル郡、ドーンポック村、生徒数=204人。
●ポットソクロッム小学校、クラチェ県、スヌオル郡、トノール村、生徒数=100人。

両校とも木造校舎が一棟あるだけで、更に老朽化が激しく、校舎の建て替えを必要としていました。

新校舎は11月に完成の予定、その時にカンボジア訪問が可能になれば、日本人を沢山連れて、盛大に開校式を行う予定です。

Photo_20200617165401 Photo_20200617165301

 

 

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

創立20周年記念誌「子どもたちに寄りそって」を発行しました


 本会は2000年に創立し、昨年12月31日をもち活動20年の節目を迎えました。これもひとえに、より沢山の皆様より頂戴したご支援のおかげと、深く感謝申し上げます。
 
 これを記念し、創立20周年記念誌「子どもたちに寄りそって」を発行いたしました。              

 100ページ(モノクロ)の小さな本ですが、カンボジア支援活動に携わる方を始め、もっとカンボジアを知りたい方々に読んでいただきたい1冊です。
 
 特にこれからカンボジア支援活動を始めたい方には、そのノウハウが解る資料としてもお使いいただけます。
 
 ご希望の方には、送料込み1冊千円でお送りいたします。

【申し込み】〒176-0011 東京都練馬区豊玉上2-25-7-203
 NPO法人21世紀のカンボジアを支援する会事務局
03-3991-2854
ファクス 03-3557-1213
Photo_20200428135901

| | コメント (0)

«会報(5月1日付け112号)を発行しました