2021年7月31日 (土)

小学校校舎の建設着工式を行いました

日本にある団体からの資金協力により、カンボジア、クラチェ州・スヌオル郡、「チョロチョロウポテイサル小学校」(生徒数=300人)で校舎の建設が始まりました。
 28日、クラチェ州のワー・トーン知事が出席してくださり、着工式を行いました。
 校舎は4教室で、今年の11月中に完成し、12月に開校式を行う予定です。
 同小学校は生徒がたくさんいるにも関わらず、古くて小さな木造校舎が1棟あるだけで、とても不自由していました。
 寄贈してくれた日本の団体に感謝するとともに、建設工事が安全に実施され無事完成しますよう、祈念いたします。

Photo_20210731102501 Photo_20210731102601 Photo_20210731102602

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

先の大戦で米を贈ってくれた返礼です

 当会では、カンボジアの小学校を中心に井戸を寄贈しています。

 この程井戸を寄贈した「バンハイホォース小学校」(トゥボンクモム州メーモット郡・生徒数=100人)は、今まで学校に井戸がなく、学校の近くに流れている小川まで行って水を汲んでいました。
 
 これからは、校庭にできた立派な井戸を使うことができて、本当に良かったです。
 
 この小学校に井戸を寄贈してくれたのは、名古屋に住む日本人女性で、今年96歳になりました。
 
 Photo_20210708092901
 
 Photo_20210708093001
 Photo_20210708093101
 先の戦争で食べる物がなかった時、カンボジアが米を無償で提供してくれたことを知り、その返礼として、すでに10本以上の井戸をカンボジアの小学校に寄贈してくれました。感謝です‼️

 

| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

桐生赤城ロータリークラブが井戸とトイレを寄贈

 当会は、日本で寄付を募り、カンボジアの小学校や村の共有地に井戸を掘り、新鮮な水を提供する活動をしています。
 この活動を2003年から始め、今までに366本の井戸をカンボジア国内に寄贈してきました。
 井戸のポンプはインド製で耐用年数が長く、地中40メートル掘り下げますから、とてもきれいな水が出ます。
 ヒ素などの水質検査も実施しており、安全も保証済みです。
 この程「桐生赤城ロータリークラブ様」(群馬県桐生市)に資金協力いただき、トゥボンクモム州メーモット郡の「ペレイ小学校」(生徒数=117名)に、手押しポンプ式井戸とトイレ棟を寄贈いたしました。
 カンボジアの小学校はコロナウイルスの影響を受けて現在休校中ですが、学校側の協力で近くに住む生徒たちに集まってもらい、6月30日に現地スタッフが訪問し、簡単な贈呈式を行いました。
 これからは、文字通り潤いある学校生活を送ることができるでしょう。
Photo_20210704132901 Photo_20210704132902 Photo_20210704133001 Photo_20210704133002

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

オンライン里子訪問を始めました

 世の中オンラインブームですが、当会も時流に遅れまいと、教育支援してくださる日本の里親さんと、支援を必要とするカンボジアの子どもたちをzoomで結び、オンライン里子訪問活動を始めました。
 コロナウイルス感染拡大により、カンボジアを訪問できない日々が続いています。今後もいつ訪問できるか分かりませんので、当面はオンラインでカンボジアの子どもたちと交流を進めて参ります。
 教育里親さんで、里子とのオンライン交流を希望なさる方は、ご一報願います。
Info@aac21.net に連絡願います。

 Zoom_20210619083401

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

現地スタッフが里子を訪問し支援金を届けました

 カンボジアの学校は、コロナウイルス感染拡大を受けて、3月から休校が続いています。
 一部の学校ではオンライン授業が行われていますが、地方の学校ではパソコンやスマホを持てない生徒も多くいて、オンライン授業は難しいようです。
 週に一回登校し、宿題を提出するのが限度でしょうか。
早く開校してほしいです‼️
休校中ですが、当会が教育支援する子どもたちを現地スタッフが訪問し、日本にいる里親さんからの教育支援金や、プレゼントを届けました。

Photo_20210610124101 Photo_20210610124102 Photo_20210610124103

| | コメント (0)

«ZOOMによるカンボジア情報交換会を開催しました