« 繁栄と貧困が同居するカンボジア | トップページ | 投資は労働者の人権を尊重して »

2008年3月27日 (木)

信用は大きな財産、私にはこれしかない

 私は、2000年1月に本会を立ち上げたが、その前に約4年間、同じようにカンボジアを支援するNGO団体『日本カンボジア交流協会』に所属、事務局長としてたびたび現地に足を運んだり、国内のイベントを主催したりして、それなりに忙しく充実した日々を過ごしていた。しかし、創立者でなければ代表者でもない、所詮やとわれマダム、会の代表者の考え方と行いに違和感を感じるようになった私は、1999年7月に同会を辞めたあと、翌年1月、有志を募り新団体『21世紀のカンボジアを支援する会』を立ち上げた。Gomiyamas

 新団体の創設にはエネルギーがいる。当時私は50歳、長年勤めた事業所を辞めて何もかも一から出直し、会社を立ち上げて軌道に乗るまで3年かかった。新団体も行き先不安だったが、4年間の蓄積、経験、築き上げた人脈は無駄ではなかった。そして私には大きな夢があった。縁あってカンボジアの支援活動に首を突っ込んだ以上、こうなったら日本とカンボジアの架け橋になってやろう、残りの人生をこれに賭けてみようと。

 大切なこと、それはやる気・勇気・根気、私はやはり日本人、精神論がすきなんだとつくずく思った。しかし精神論だけでは現状を変えることはできない。行き着くところはやはりマネー。もちろんお金だけでもダメ。真摯な気持ちで活動しなければ人はついて来ないし、財布の紐も固い。それでは皆さんが紐をゆるめてくれるにはどんな方法が・・・ 。そんなことを考えながら五里夢中の8年間だったが、お陰さまで昨年本会に寄せられた寄付金の総額は3、500万円を超えた。創設初年度の寄付金総額は44万円、なんと8年間で80倍の寄付金をいただく大きな団体に成長させていただいた。これもひとえに私という人間を信用してカンボジア支援活動に力を貸してくださった多くの皆さんのおかげだ。信用は最も大きい財産だ。

 この8年間、本会は学校の校舎を10棟、井戸を100基、遊具を10セット、それぞれの学校に寄贈し、奨学金は500人に、学用品をもらった生徒は100、000を下らない。そのほか、職業訓練、民話紙芝居、日本語学校への講師派遣、緊急食糧支援、巡回診療などなど、カンボジアで行ったプロジェクトは数多く、成果をあげている。

 小さな種が芽生えて苗木になり、たくさんの実のなる大きな木に成長するように本会も大きく成長したが、水や肥料をあげてくれたのは見ず知らずの大勢の皆さんであることを忘れてはならない。

  2008年3月27日(木) 代表 根岸恒次

 

|

« 繁栄と貧困が同居するカンボジア | トップページ | 投資は労働者の人権を尊重して »

コメント

写真をクリックすると大きなサイズになるんですね。

投稿: 穴六 | 2008年3月27日 (木) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/40651483

この記事へのトラックバック一覧です: 信用は大きな財産、私にはこれしかない:

« 繁栄と貧困が同居するカンボジア | トップページ | 投資は労働者の人権を尊重して »