« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

2008年5月23日 (金)

明日がくることは奇跡です

『食わず嫌い』という言葉がある。食べてもいないのに、何となくまずそうなので食べない状態を指しているのだが、私はカンボジア語(クメール語ともいう)に関して長い間『食わず嫌い』だった。自慢ではないがよくバカにされていたものだ。『数十回も行っている割りにはカンボジア語ができない』と。このままではいけないと反省し、何度か挑戦するも長続きせず、少しかじっては挫折する繰り返しだったが、今年は一念発起し、前向きに勉強を始めた。すると、会話も文法も意外に仕組みが簡単だということが分かった。書くのは難しそうだが、しゃべるのは何とかなりそうな所まできた。後は単語力と、暇さえあれば覚えようとしている。(ボケ防止にも効果あり)

寿命が延びたおけがで、定年後の人生が長くなった。『08年版高齢社会白書』によると、2017年には75歳以上のいわゆる後期高齢者人口が前期高齢者人口を上回る見通しであり、2055年には後期高齢者が全人口の25%に達すると推計される。

しかし寿命が延びたとはいえ、人間一生の中でできることは限られている。限られているだけに『これだけは!』といえるものを徹底してマスターしたいものだ。たとえばスポーツ。最低一つは得意なスポーツを。テレビで野球観戦だけではどうも。前述の語学もそうだ。長い一生、自国語のみではチョット情けないかな。趣味ならプロ並みのレベルを目指そう。写真でも、絵画でも、音楽でも、文章でも。世界一周の旅もいい。好奇心旺盛で何にでもトライする姿勢で生きている人は年を取らない。

余命あと六ヶ月と医師から宣告を受けた二人組が、やりたいことを箇条書きにメモし、一つずつこなしていく映画『最高の人生の見つけ方』を観た。スカイダイビング、カーレース、世界旅行、エベレスト登山と巡り、最後は家族の元へ。そして二人はかけがえのない家族愛に包まれてジ・エンドというストーリーだ。映画の世界とはいえ、座して死を待つよりはるかに充実した生き方だ。(お金がないとできないが)

TBS系列『イブニングファイブ』が放送し、全国民が涙した『余命一ヶ月の花嫁』の長島千恵さんは乳がんが肺に転移し、24才で生涯を閉じたが、勇気を持ってテレビに出演、早期発見が大事だとよびかけた。短い生涯だったが、家族や友人に囲まれ素敵な一生だった。人生は長さではなく中身で勝負だ。

知恵さんは『明日がくることは奇跡』と言い残した。裏を返せば今日というかけがえのない一日を大切に生きようと。

         2008年5月23日(金)   理事長 根岸恒次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

カンボジアの4月はメチャ暑い!

 4月のカンボジアは1年で最も暑い。日中は日陰でも30度を超え、日なたは多分50度近くになっているだろう。幸いなことに雨季ではないので日本のような蒸し暑さはないが、直射日光は肌が焼け焦げるような気がする。そんな猛暑のカンボジアに4月7日から14日まで滞在した。

 日本のお正月は寒い冬の真っ最中だが、カンボジアは猛暑の4月13日から15日までの3日間。私はこの12年間で70回以上カンボジアを訪問しているが、この時期の訪問はこれで2度目だ。

 日本のお正月は初詣での習慣があるが、敬虔な仏教国であるカンボジアでは多くの人々がお寺に行き、お坊さんに読経してもらう。昼間は暑いので、夕方になってからお参りに行く人が多い。4月13日、友人達に連れられて昼間の暑い時にプノンペン市内のウナロム寺院へ出かけたが、1時間もいると頭がクラクラするほどの暑さに閉口、早足にエアコンの効くホテルへ戻った。

 思えば今から33年前の1975年、お正月の終わった4月17日、ポルポトに率いられた軍隊がプノンペンを制圧、悪夢の3年8ヶ月が始まったのだが、今のプノンペン市民は何事もなかったように平和を楽しみ、享受している。そう、これでいいのだ。この平和が永遠に続いてほしいと、お寺に祈願した。

 話は変わるが、カンボジアの電力事情はかなり悪い。特に、猛暑で電気が異常に消費され、需要が供給をはるかに上回り1日1回は停電の洗礼を受ける。しかも長いときは停電が半日以上も続く。プノンペン市内にある私どもの事務所も例外ではなく、特にエアコンが使えなくなると早めに事務所を退散し、ホテルに戻る毎日だった。

 カンボジアは発電所が少ないため、お隣のタイやベトナムから電気を買っているそうだが、それでも需要に追いつかないのだから困ったものだ。日本も一昔前まではよく停電したが、今停電すると次の日の新聞に載るほどの大事年になる。カンボジアでの生活は停電に慣れることから始まる。

 夕方、少し涼しくなってきたので泊まっているホテルの屋上にあるビアガーデンに行った。やがて日が暮れると、星が輝き始めた。星のことをカンボジア語で『プカーイ』というそうだ。夜空にプカプカ浮かんでいるかな?と意味のない空想をしながら食事を楽しんだ。明日は春爛漫の日本へ帰れる。四季のある日本は素敵な国だと、他国の空を眺めてつくづく思った。

         2008年5月14日(水)  理事長 根岸恒次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »