« 命をつなぐ井戸を作って! | トップページ | ボロは着てても心は錦 »

2008年7月30日 (水)

子ども達だけは健全に育てたい

 カンボジアは祝日が多い国。ちなみに今年のカレンダーを見ると、なんと29日もある。1年のうち、約1ヶ月が祝日で、土・日の休日を加えると130日以上、つまり1年の3分の1がお休みだ。このほかにお正月やお盆などの前後も適当に休むので、一体いつ働いているのかと心配になるほどだ。日本にあるカンボジア大使館なども自国の祝日は閉館になるので、ビザ申請などで大使館に出向く前にチェックが必要だ。(日本の祝日も閉館する)

 このように書くとカンボジア人は怠け者?と思われるかもしれない。確かに日中は暑いのでお昼の休憩時間が長いが、その分朝早く出勤して帳尻を合わせている。私たちがカンボジアを訪れる時も昼間が多いので、その時間帯に休憩を取ってハンモックに揺られるカンボジア人を見て「カンボジアの人たちは勤勉ではない」と誤解する日本人が多い。一見怠け者に見えるが、意外に勤勉な一面もある。というより、働かないと食べていけないのが実態だ。公務員は給料が安いので暇さえあればバイクタクシーなどのアルバイトをして生活費を捻出しているし、農民も、涼しい早朝に畑に出る。

 一口にカンボジア人といっても色々だ。元祖カンボジア人、中華系カンボジア人、少数民族もいて、意外に多民族国家なのだ。イスラム教を信奉するチャム族や、ベトナム戦争時にカンボジアに住み着いたベトナム人もいて、元祖カンボジア人は半分ほどか。

 カンボジア経済を動かしているのが中華系カンボジア人(華僑)だ。ホテルやレストランオーナーの多くが中華系カンボジア人で、プノンペンなどの都市に住む。頭脳明晰で商売上手、資金力にものをいわせ次々に不動産を買占める。世の中資本主義だからどうしても有能な人たちに富が集中し、大多数のカンボジア人は貧しい生活を送る日々だ。

 カンボジア人の平均月収については正確な統計がないのでなんともいえないが、様々な情報を集約すると6、000円~8、000円位だろうか。中には1日1ドル(110円)で暮らすワーキングプアもいる。特に世界的な物価高騰で農村の暮らしは一段と厳しくなり、中には土地や財産(牛など)を売って都市に流入する人たちが後を絶たない。

 私たち外国のNGOはこうした世界的うねりの中、どうしたら子ども達を貧困や病気から救うことができるのか、真剣に考えるべき時がきている。パートナーの政府機関も今ひとつ信用ならないのが現状。与えるだけの支援は意味がない。与えつつ教育支援するのが最適とは思うが。

         7月30日      代 表    根 岸 恒 次

Photo

 

|

« 命をつなぐ井戸を作って! | トップページ | ボロは着てても心は錦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子ども達だけは健全に育てたい:

« 命をつなぐ井戸を作って! | トップページ | ボロは着てても心は錦 »