« ボロは着てても心は錦 | トップページ | 一歩前に進む勇気がほしい »

2008年8月29日 (金)

子どもが増え校舎が足りません

 人口1、400万人のカンボジアだが、年間40万人弱の子どもが生まれる出産大国だ。1億2千万人強の日本でさえ、1年間で生まれる子どもは100万人チョットだから、日本の10分の1ほどのカンボジアの人口の増え方は尋常ではない。

  カンボジアには約7千の小学校があるが、そのうち約2千校は緊急に校舎を必要としているという。カンボジア政府教育省のコル・ペン大臣は「中学校以上は国が校舎を建てる方針だが、小学校については外国からの支援に頼っている」と、以前話しておられた。日本のODAやNGOの支援で約千校の校舎が建てられたそうだが、今後も一層需要が増していくものと思われる。

 カンボジアの小学校は、3教室と5教室の2つのタイプがある。建物基準もフンセン基準と教育省基準があり、教育省基準のほうがしっかりしているという。建物の構造はレンガ造りの平屋がほとんどで、床はコンクリートの打ちっぱなし、屋根はスレート張り、電気設備はない。鉄筋も使われるがとても細く本数も少ないので、マグニチュード7以上の大地震がカンボジアで発生したら、多分多くの校舎が跡形もなく崩壊してしまうだろう。幸い、カンボジア有史以来地震の記録がないそうだが、これからも絶対に発生しないという保証もない。ミャンマーを襲ったサイクロンのように、自然災害は時と場所を選ばずやってくるから油断は禁物だ。

 「21世紀のカンボジアを支援する会」では、この5年間にカンボジア各地に11の小・中学校校舎を建設した。現在も3棟建設中で、来年3月に開校式を行なう予定だ。これらの建設費用は、特定のドナーによる拠出が100%だ。当初は医師や会社社長からの寄贈が多かったが、最近の傾向として、亡くなられた方の遺言やその遺産で校舎を建ててくださる方が増えてきた。お金は天国に持っていけないのだから、亡くなった方の意思が反映しておれば、その善行は末代まで語り継がれることだろう。

 カンボジアに小学校の校舎を贈ろうと芸能人の島田紳介さんが企画し、賛同した有名人が提供した絵画のオークションをテレビで拝見、美空ひばりさんの絵が480万円で売れた。買ってくれた人も立派だが、天国のひばりさんは思いもよらぬ展開にビックリしておられるのでは

 勿論校舎を建てただけでカンボジアの教育事情が劇的に変わるわけではないが、改善のきっかけにはなろう。午前と午後の2部授業が1度になれば生徒の授業時間数も増し学力の向上につながる。あとはカンボジアの教育に携わる関係者の努力と、生徒達の学習意欲に期待するだけだ。

           8月29日    代 表   根 岸 恒 次

Mekon_3

 

|

« ボロは着てても心は錦 | トップページ | 一歩前に進む勇気がほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもが増え校舎が足りません:

« ボロは着てても心は錦 | トップページ | 一歩前に進む勇気がほしい »