« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月19日 (金)

衝撃的だった初訪問

 私とカンボジアのお付き合いは十三年前にさかのぼる。1995年6月、「日本・カンボジア交流協会」という支援団体が創設され、私は当初からその団体の中核として活動していた。そして、初めてのカンボジア訪問は同会主催のスタディツアー、同年11月末から12月にかけて実施された4泊6日の旅だった。以後毎年5~6回のペースでカンボジアを訪問しているから、訪問回数は多分70回を超えていると思われるが、印象深いのはやはり初訪問の旅だ。

 それまで海外旅行は何度か経験していたが、途上国への旅は初めて、ましてや当時まだ内戦が完全に終わっていない国、恐いもの見たさもあって不安と期待が入り混じり、恐る恐る首都プノンペンの国際空港へ着いた。国際空港といっても日本のローカル空港より小さく、当時まだ便数も少なく静かな空港だった。

 薄暗い空港を出、プノンペン市内のホテルに向かうバスから見えた街の光景は十三年経った今でもはっきりと目に焼きついている。とにかく暗い。空港から市街地をつなぐメインストリートなのに街灯が見当たらない。街に入っても信号がない、ネオンがない、広告らしき看板もほとんどない。

 次に驚いたのが、家族全員と思われる大勢が小さなバイクに鈴なりで乗っている光景。多い時は6~7人が乗っていた。今でも時々見かけるが、最近は少し規制されたのかせいぜい3~4人、日本では原付きは2人乗りもできない。

 滞在中、アンコールワットを訪れた。そこで目にした光景は忘れたことがない。地雷にやられたのだろう、手や足を吹き飛ばされた幼ない子ども達が参道にすわり、物乞いしていた。今でこそ地雷を踏んでケガをする子どもは少なくなったが、当時は1日に数十人もの農民や子ども達が犠牲になっていた。テレビや写真で見て知ってはいたが百聞は一見にしかず、目の当たりにすると心が勝手に動くものだ。

 この子達は多分学校へ行かせてもらえないのだろう、せめて学校だけは行かせたい。そんな感情が芽生えた瞬間、私は行動する人間に生まれ変わった気がする。理屈はいらない、心があるだけでもダメ、とにかく行動あるのみ、そうすれば共感して資金を出してくれる人がかならず現れる。この子達を救いたいがため、私は来る日も来るも募金に明け暮れた。その甲斐あって、1997年、私が所属した団体は地雷などで障害者になってしまったカンボジア人のための職業訓練所を立ち上げ翌年には運営を開始、被害に遭った多くの人たちがその恩恵を受け、手に職を持ち自立していった。

 運営が順調になったことを見越して私はそこを辞め、2000年1月に現在代表を務めるNPO法人「21世紀のカンボジアを支援する会」を創設し、今に至っている。

          9月19日    代  表    根 岸 恒 次

919

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

一歩前に進む勇気がほしい

 団塊の世代を中心とする戦後生まれの定年が始まった。多くの企業が60歳定年で、退職後は契約の形を変えて職場に残るか、関連事業所でもう少し働くか、別会社に再就職するか、まったく仕事をやめて悠々自適に過ごすか、その後の生き方は千差万別だ。しかし年金を満額受給できるのは数年先という人が大半で、60歳で完全リタイヤ組は今のところ少数派だ。

 男女の平均寿命が80歳を超えた今、60歳はまだ若い。人によっては90歳、100歳まで生きるこの時代、この先最低20年から長ければ40年は生きることができるのだから、60歳は第二の人生のスタート台だ。しかし残念なことに、この若さで人生の幕を引いてしまう人が多いようだ。この時代、それなりには生きていけるだろうが、生きるだけなら動物と変わらない。人として生きる以上は最後まで立派に生き抜く姿勢がほしいものだ。

 偉そうなことを言っている私も実はこの12月で還暦、いわゆる団塊世代の定年組だ。しかし私には定年はない。8年前に起業した会社が今のところ順風満帆、しかし生き馬の目も抜かれる厳しい世の中、いつ傾いて倒産するやもしれないが、そんなことを考えていてはこの先何もできないので、常に前向きに頑張ろうとしている。

 その頑張ろうとする気持ちを支えてくれているのがカンボジア支援活動だ。マザー・テレサは「世の中で一番さびしいことは人に必要とされないこと」と言っている。カンボジアの人たちが私を必要としている限り、私は活動を停止することはないと思う。

 日本とカンボジアの架け橋になろうと心に決めて8年前に始めた支援活動、現在私は隔月にカンボジアを訪れ様々な支援活動や交流活動を行なっており、これからも健康である限りこのペースを崩さずにカンボジアの人たちとお付き合いしていくつもりだ。とても定年なんて言っておられず、しなければならないことが日本でもカンボジアでも山積みだ。百聞は一見にしかず、あなたも是非一度カンボジアなどの途上国を訪れてほしい。世界の惨状をその目に焼きつけた時、あなたの心は揺れるはずだ。

 60歳はまだ若い。あなたが培ってきた経験、知識、人脈、どれをとっても一級品だ。そんな財産を使わない手はない。確かに体力は落ちたが、知力・気力はまだまだ。濡れ落ち葉とバカにされふがいない人生で終わるか、あなたを必要とする人たちのためにもう一度人肌脱ぐか、すべては決断次第。一歩前に進む小さな勇気がほしい。

                 9月9日   代表  根岸恒次

Mekon910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »