« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月26日 (金)

ポルポト政権悪夢の3年8ヶ月

 1975年4月17日朝、正月明けのプノンペンに兵士を乗せた装甲車やトラックが続々入ってきた。ポルポト率いるクメール・ルージュは農村主体の徹底した共産主義思想のもと、すでに73年頃までに農村部の大半を掌握したが、ロン・ノル将軍を亡命させついにプノンペン入城を果たした。当時プノンペンに住んでいた約200万人の市民はその後1週間で強制退去させられ、プノンペンはゴーストタウンになった。

 地方に強制移住させられたプノンペン市民は「新人民」と呼ばれ、農村にいた「旧人民」と区別されて過酷な強制労働に従事させられた。食べるものがなくて餓死したり、栄養失調で死んだり拷問や処刑で殺された人々は200万人以上と言われている。

 ポルポト政権で唯一、今もカンボジアの財産になっているのが灌漑用水だ(写真)。カンボジアの最盛期であるクメール王朝の時代、王は一辺数キロメートルもある大きなため池を作り、田んぼに水が行き渡るように工夫した。(東バライ・西バライ)ポルポトもこれを見習い、全土にダムや用水を作ったといわれている。これらは現在も使われている。しかし、そのために国民を使役し、沢山の犠牲者を出してしまったことは、この政策が真に国民を幸せにできたかどうか、疑問が残る。

 こうした破天荒な政権が長く続くはずがない。フン・セン現首相やヘン・サムリン元首相が反旗を翻してベトナムに応援を求めたため、1979年1月7日、ベトナム戦車部隊がプノンペンを制圧し3年8ヶ月に及ぶ恐怖政治が終わった。

 プノンペン市内にある「トゥールスレン博物館」。ポルポト政権前は高校だったが、この時代は市民を拷問するために使われた刑務所だ。この場所で拷問し、自白した市民を処刑した場所が、ここから20キロメートル離れた場所にある「キリングフィールド」。2万人以上が処刑されたといい、今も殺された人々の遺骨が残されている。

 ポルポト時代に13歳だった私の友人はプノンペンからカンボジア北部のバンテイミンチェイ県に強制移住させられ、来る日も来る日も灌漑用水の工事に駆り出された。父や兄は餓死し、本人も空腹に耐えかね、野ねずみを取って食べようとしたところをポルポトの兵士に捕まり、3日3晩、ねずみを前に働かされた思い出が今になっては懐かしいと言っていた。

 ポルポト政権が崩壊して30年、カンボジアの若い世代は大半がポルポト時代のことを知らない。日本も同じだが、戦争の語り部は惨状を後世に語り継いでほしい。

                 Mekon1226 12月26日  理事長  根岸恒次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

子どもたちの権利が阻害されている

  カンボジアの首都プノンペン市内にある福祉省を訪問した。正確には福祉のほかに退役軍人のケアや青年のリハビリテーションを担当する省庁で、日本の「厚生労働省」の「厚生」の部分を担当する部署のようだ。カンボジア政府には二十余りの省庁があるが、福祉や教育を担当する省庁の規模は小さく、建物もオンボロで職員も少ない。この建物を見ただけで、カンボジアの子ども達の実情を察知することができた。 

 子どもの福祉を担当する部署の責任者であるマウ・ソバッティさんに会い、カンボジアにおける孤児たちの現状を聞いた。

 マウさんの話では、現在カンボジア全土に約2万人の孤児がいるというが、その半数の約1万人が全国にある185箇所の孤児院で暮らしているそうだ。185箇所の内訳は、国立が20箇所、国内外のNGOが運営する所が165箇所と、大半が外国のNGOに頼っているのが現状だ。また、国立といっても名ばかりで、運営費の多くが外国から支援を受けている。

 165箇所の孤児院を運営するNGOを国別に分けると欧米が圧倒的に多く、その多くがキリスト教団体だ。最近は韓国などのキリスト教団体が増えているが、日本のNGOが運営する孤児院は少ないという。

 アンコールワットで子守をしている少年がいた。(写真)近所に住む子のようだが、多分親から命ぜられ、写真を撮らせてお金をもらうように言われたのだろう。聞くと5人兄弟の長男で、通学していないという。貧しくて学校へ行かせてもらえないそうだ。孤児ではないが、ある意味孤児院で暮らしている子ども達より悲惨といえる。繁華街でよく見かける、乳幼児を抱えてお金をねだるこども達の背後に親の姿が見え隠れしているのも同じだ。

 子どもは健全な環境の中で健やかに育つ権利を有している。しかし残念なことに、カンボジアなど途上国の子ども達の多くはその権利が阻害されている。命さえ危うい子ども達もいるのが世界の実情で、日本でも時々犯罪に巻き込まれるものの、概してその多くは安全かつ良好な環境の中で暮らしている。そのことが当たり前になってしまい、世界の現状を理解できない親子の何と多いことか。

 本会が主催するカンボジアへの旅に小学4年生が参加した。何不自由なく恵まれた毎日を送っている小学生にとって、カンボジアの子ども達の生活ぶりはかなりの衝撃だったようだ。毎日食べられること、水が飲めることの有難さを知り、カンボジアへ行ってよかったと感想文を寄せてくれた。

                 12月19日   理事長 根岸恒次

Mekon1219

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »