« 日本企業のカンボジア投資が加速 | トップページ | 定年後の生き方について »

2012年7月20日 (金)

成長の影にかくれた貧農の子供たちに光を

ふれあいの旅でカンボジア・プノンペンを訪問中、東南アジア諸国連合(ASEAN)の会合が開かれていた。開催した国際会議場が宿泊したホテルに近いため、道路規制が多くて大変だった。日米中韓の外相らが参加するASEAN地域フォーラムには、米国のクリントン国務長官や日本の玄葉外務大臣も参加していた。

その二週間前には、日本の皇太子殿下がカンボジアを親善訪問された。プノンペンでは十九年前、カンボジアで国連ボランティアとして活動中、武装集団に殺害された中田厚仁さん(当時25歳)の慰霊碑に献花された。

一昔前、内戦に明け暮れ国内のことで精一杯のカンボジアだったが、最近は平和になり、多くの方々が訪問するようになった。

近年、中国の色濃いカンボジアだが、今に至るまでの日本の支援は絶大なものである。ODA(政府からの無償援助)、民間NGO団体の草の根支援を両輪として、日本はカンボジアの平和と発展に大きく貢献してきた。

本会も、ささやかではあるが、カンボジアの発展に寄与し、両国の友好親善に役立ってきた。特に、貧しい家庭にある子どもたちが学校で勉強できるようにと創設した「クメール教育里親基金」では、この十年間で千人以上の子どもたちを教育支援し、今に至っている。

先日もふれあいの旅で、支援する教育里子の家を訪問したが、両親が離婚して母親は朝早くから夜遅くまで縫製工場で働き、里子を含む三人の子どもたちはおかずを買うお金がないので、米に塩をかけて空腹を紛らわせていた。

カンボジアの経済成長には間を見張るものがあるが、発展の恩恵を享受することができずにいる、沢山の貧農の子どもたちを忘れてはいけない。国境を越え、これからも支援を続けていきたい。

2012年8月1日  根岸恒次

201207
ASEANの会合が開かれたプノンペン市内の国際会議場

|

« 日本企業のカンボジア投資が加速 | トップページ | 定年後の生き方について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成長の影にかくれた貧農の子供たちに光を:

« 日本企業のカンボジア投資が加速 | トップページ | 定年後の生き方について »