« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月26日 (水)

日本の支援でカンボジアに民法が誕生

9月12日、カンボジア滞在中、本会のアドバイザーを務めるリー・ソン カンボジア国会議員に連れられ、小学校の校舎建設を希望する農村を訪ねた。

プノンペンから西へ車で約2時間半、リー・ソン議員の選挙区でもあるこの村で、多くの住民が議員の到着を待ち構えていた。土地問題である。

最近、外国(多分中国)の大企業が農民の土地をただ同然で奪ってしまうケースが多くあるそうで、住民たちはその実態を議員に訴え、解決を依頼していた。

カンボジアでは93年、新生カンボジア王国誕生後、初めて民間の土地所有が認められたが、登記が結構いい加減で、代々耕している土地にそのまま所有権が与えられた。しかし、今年の始めに日本の支援で民法が初めて制定されたことが裏目に出て、書面による登記のない土地は、頭のいい大企業が弁護士を雇い、善良な農民から土地を奪っているそうだ。

元々貧しいのに土地も奪われてしまったら、これから先食べていくことができない。住民たちは、議員に対し何とかして欲しいと真剣に懇願していた。

土地がなくなったら、行き先はタイへの苛酷な出稼ぎ労働が待っている。出稼ぎ労働者といっても、農民の殆どはパスポートを所持していないので、闇ルートによる不法な越境によるものだ。

数日後、里子の家庭を訪問したが、その子の両親も不法な出稼ぎ労働者としてタイへ渡っていると聞いた。仕送りは3ヶ月で20ドルのみ、捕まればお金は没収、身柄は刑務所行きだ。カンボジアの人の人権は一体どうなっているのだろうか。

カンボジアを訪問する度に、凄まじい経済成長を実感するのだが、果たしてその恩恵が地方の農民や、都市の貧しい住民に行き届いているものか、甚だ疑問である。

そんな中、先日NHKテレビ(衛星放送)で、貧しい農民のために活躍するカンボジア人弁護士の活躍が紹介されていた。折角日本の支援で完成した民法を大いに活用し、泣き寝入りする住民がいないように頑張っていた。

私たちNGO団体には限界がある。このようなカンボジア人が立ち上がり、国を良くしてほしいと願うとともに、私たちのささやかな教育支援で、カンボジアを背負っていく人材が多く輩出することを願うばかりだ。

2012年10月1日 根岸 恒次

Photo
牛の世話をするカンボジアの子どもたち

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

定年後の生き方について

過ぎ去ってみれば、人生は長いようで短く感じるものだ。子どもの頃は1年が長かった。しかし齡を重ねるにつれ、1年が短くなった気がする。50代~60代は更に加速がつき、アッという間に、私も初老といわれる年代を迎えた。

私と同年代の、友人や知り合いの多くが定年を迎えた。かつては緊張感あふれる戦場で戦っていた同志が、今や家人から厄介者扱いを受け、日中あてもなく路上をさまよっている諸兄を数多く知っている。

一昔前は平均寿命が50~60才だったから、定年後、割と早くお迎えがきて、いわゆる余生という時間的余裕が殆どなかったが、最近は平均寿命が延び、定年後20年~30年も生きることが可能になった。戦争に行かずにすむ平和を感謝、医学の進歩に感謝。

しかし、定年から棺桶に入るまでの長い余生の生き方までは誰も教えてくれないわけだから、天が与えてくれた有効な時間帯をどのように過ごすべきか、自分で模索しつつ、自分で決定しなければならない。

私の場合は、定年を経験することがなかった。50才の時勤めていた団体を自主退職、その後起業して会社のオーナーになった。小さな会社だったが、それなりに利益をあげていたが、あることがきっかけで会社を閉鎖することになった。その年が偶然にも60才だったので、事実上、60才で定年を迎えたことになった。

善意ある多くの皆様からの支援のもと、私が51才のときに立ち上げた「21世紀のカンボジアを支援する会」が大きく成長した。会の財政は常にひっぱくしてはいるが、必要とされる喜びを感じ、感謝の中で忙しい日々を過ごすことができることは幸せなことだ。

同会のほかにも2つのNPO法人の代表を務めさせていただき、定年後やることが見つからなくて、虚しい日々を過ごしておられる諸兄には申し訳なく思うが、自分なりに努力した結果だから仕方のないことだ。

余生とはいえ、これまた長いようで短い人生のラストのページ、健康で生きているうちは生涯現役をモットーに、社会との関わりを大事にし、私を必要としている人たちがいる限り、全力投球したいと願っている。

2012年9月1日 根岸 恒次

Brogphoto
教育支援している高校生の里子と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »