« 日本とカンボジアをつなぐ架け橋になりたい | トップページ | にせの投資話にはくれぐれもご注意を »

2012年12月26日 (水)

犬におせち料理はいかがなものか

 今年の1月に、カンボジアに井戸を作ってくれる予定の愛知県にお住まいのSさんが、井戸の建設代金を持参し先日、当会の事務局に来られた。その方は私と同じ団塊の世代で、子どもの頃、家には水道がなく、ずっと井戸水を使っていたそうだ。時に井戸水が枯れると、あちこちに行って水を分けてもらい、命をつないで生きてきたそうだ。そんな幼い時の経験から、水で苦労しているカンボジアの人たちのため、井戸の寄贈を思い立ったという。

 カンボジアで井戸建設を始めて10年経った。この間、220基もの井戸を作り、水不足に悩む農村の人たちに水を提供してきた。1年間、約20基のペースで作ってきた計算だ。

 井戸の建設にかかる経費は、現在16万円(ネームプレート代金を含む)、決して安くない金額だ。贅沢したい気分をこらえて、こつこつ貯めてくれた方も多い。家族ならまだしも何ら縁のない、見ず知らずの遠い他国の人たちのため、大金を寄付してくださる日本の皆さんに、カンボジアの人たちはとても感謝している。
 
 団塊の世代の多くは、子供の頃、すでに水道が引かれていた。幸いなことに、私の家は決して豊かではなかったが、水道だけは敷設されていた。この私でさえ、水道のある家が当たり前と思って育ってきたのだが、ましてや最近は水道水はまずいのか、とうとうペットボトルの飲料水を買う時代になった。

 日本に住んでいると、水に限らず、すべてにおいて日本がいかに恵まれている国ということが、わからなくなってしまう。水道水が飲める国など世界に2~3ヶ国だけなのに、その水さえ飲まず、買って飲む国は世界中、どこにもないだろう。

 先日、おせち料理のニュースを聞いておどろいた。人間ならともかく、最近はペットである犬のおせち料理が飛ぶように売れているという。値段も6千~8千円と、決して安くない。動物愛護を否定するものではないが、物には限度がある。世界に目を向ければ、明日にでも餓死寸前の子どもたちが五万といるアフリカ諸国、隣国の北朝鮮も、民衆の多くは飢えに苦しんでいる。

 犬には、おせち料理の美味しさはわからない。ドッグフードで間に合わせ、余ったお金は飢えに苦しむ世界の子どもたちに回せないものだろうか。

2013年1月1日      根岸恒次(法人理事長)

Brog20121226
ペットボトルを持ってきて、井戸水を家庭に運ぶ地域住民(写真提供=遠藤 啓様)

|

« 日本とカンボジアをつなぐ架け橋になりたい | トップページ | にせの投資話にはくれぐれもご注意を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬におせち料理はいかがなものか:

« 日本とカンボジアをつなぐ架け橋になりたい | トップページ | にせの投資話にはくれぐれもご注意を »