« シアヌーク国王の国葬営まれる | トップページ | 難問山積!!でも生き甲斐さえあれば »

2013年2月20日 (水)

ポルポト裁判の真相を究明してほしい

 1975年から79年にかけ、カンボジアではポルポト率いるクメールルージュが政権の座についた。この間、ポルポト政権は強制労働や拷問などにより、病死・餓死を含め、自国民ら150万人~200万人もの命を奪った。

 2006年、国連とカンボジア政府の共同運営により、ポルポト政権の大虐殺を裁く特別法廷が、カンボジアの首都プノンペンで始まった。特別法廷では元政権幹部の5人が起訴され、1人の終身刑が確定したが、被告が高齢化し出廷できないケースが増えていて、裁判は予想を超え長期化している。イエン・サリ元副首相の妻で社会問題相を務めたイエン・チリト被告(80)は、認知症のため裁判を受けられる状態ではないと判断され、先日特別法廷から釈放された。残る被告はあと3人となった。

 日本は、国連平和維持活動(PKO)に初めて自衛隊を派遣したのがカンボジアということもあり、特別法廷を維持する予算の44%を拠出する最大の支援国だ。しかし最近の報道では、特別法廷の運営資金が不足し、このままでは法廷が挫折しかねない状態だという。二度と同じ過ちが繰り返されないためにも、最後まで真相究明を続けてほしいと願う。

 5年ほど前になるが、ポルポト政権下で強制労働を体験した、あるカンボジア人から当時の話を聞くことができた。さらに、強制労働で連れて行かれた場所を案内してくれるというので、プノンペンのホテルから車で8時間かけて行ってみた。カンボジアの北西部、タイ国境に近いバンテイミンチェイ州にある灌漑用水だ。土手を築くため、来る日も来る日も労働に明け暮れた数年間を、彼は懐かしんでいた。野ねずみ1匹を食べたのが見つかって(食料は配給制度だった)3日間、飲まず喰わずで労働させられたそうだ。13歳だった。この灌漑用水は今も使われており、米作りに役立っているという。

 ポルポト政権崩壊から34年、カンボジアの政治は安定期に入り、経済成長も目覚しいものがある。人口も1500万人を超え、国民の半数が若い世代という、高齢化に悩むわが国から見れば、なんとも羨ましいかぎりだ。

 もちろん課題もたくさんあるが、本会が教育支援する子どもたちが将来カンボジアを担うリーダーとなり、活躍してくれることを願い、信じつつ・・・。

2013年3月1日                          根岸恒次(法人理事長)

Brog20130220
バンティミンチェイ州の潅漑用水 

|

« シアヌーク国王の国葬営まれる | トップページ | 難問山積!!でも生き甲斐さえあれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルポト裁判の真相を究明してほしい:

« シアヌーク国王の国葬営まれる | トップページ | 難問山積!!でも生き甲斐さえあれば »