« 難問山積!!でも生き甲斐さえあれば | トップページ | 途上国では良くも悪くも自己責任が問われる »

2013年3月26日 (火)

カンボジアの農村に共同トイレを!

 カンボジアの農村に住む子どもたち(里子)の家に日本の教育里親さんを案内するとき、一番困るのがトイレである。

 普及率の統計はないが、大半の家にトイレらしき建物はない。ではどうしているのかと問えば、裏庭のあちこちに穴を掘り用を足しているという。習慣の違いといえばそれまでだが、衛生的ではないし、健康で文化的な生活を営む日本人には想像すらできないのが現状だ。

 最近はトイレを敷設している小学校が多くなったが、それでも半数だろうか。

 今年の1月、団体客をある小学校に案内したとき「いま一番ほしいものは何ですか?」との質問に生徒たちは声を揃えて「トイレがほしい」と言っていた。この小学校にはトイレがなく、生徒たちは不便を感じているようだった。早速、この団体からトイレ寄贈のお話をいただいた。

 皆様のおかげで、農村で井戸をよく見かけるようになった。

 本会だけでなく、世界中の慈善団体などがカンボジア各地に井戸を寄贈しており、水不足の問題は以前より軽減したかに見える。それでもまだ、川や池の水、雨水に頼っている村も多いので、本会は井戸掘りを継続していくつもりだ。

 しかし、体に入るものは出て行くわけで、井戸とともに必要なのがトイレだ。各家に設置するのが困難であれば、10軒~20軒に1つの共同トイレがあれば大いに助かる。

 トイレに関しては、日本はかなりの先進国だ。日本の技術は外国からの観光客が絶賛するほど素晴らしいものがある。公園を始め至る所にトイレがある。私の若い頃、アパートは共同トイレだったが、今では各部屋に付いているらしい。

 では予算はどのくらいかといえば、2人用(男女各1部屋)で12万円、4人用の大型トイレで22万円ほどで完成する。設置後のメンテナンスに費用はかからない。

 カンボジアの農村に共同トイレを贈る運動に、皆様のご支援をお願いいたします。(問い合わせは本会事務局へ。☎03-3991-2854)

2013年4月1日                     根岸恒次(法人理事長)

Brog130326
小学校にあった4人用共同トイレ

|

« 難問山積!!でも生き甲斐さえあれば | トップページ | 途上国では良くも悪くも自己責任が問われる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの農村に共同トイレを!:

« 難問山積!!でも生き甲斐さえあれば | トップページ | 途上国では良くも悪くも自己責任が問われる »