« 101歳の長寿を全うし旅立った父を偲ぶ | トップページ | 久しぶりに「エミ小学校」を訪問 »

2013年5月31日 (金)

カンボジアの高齢者は幸せだった

 父の葬儀を済ませるとすぐ、カンボジアに旅立った。喪主として、葬儀のあとにやるべきことが山積みだったが、父が「私のことはかまわず、カンボジアの子どもたちが待っているのだから早く行ってあげなさい」と背中を押してくれたような気がして、後始末を兄弟に頼んだ。まったくいい加減な喪主だ。;

 5月のカンボジアは暑かった。しかし、下旬になると雨季の兆候である夕立がほぼ毎日あった。雨の後は一瞬涼しく、快適だった。

 前から予定していたこともあって、13日から15日にかけ、お隣のラオスへ行ってみた。カンボジアへの渡航回数は100回を超えたが、ラオスは初めてだった。首都ビエンチャンを訪問しただけなので国の全体像は見えなかったが、概して静かな国という印象だった。あのプノンペンの喧騒を思えば、リゾートに来た錯覚を覚えた。  
 ラオスの感想は後に譲り、16日から27日まで、いつもの通りカンボジアで活動してきた。

 カンボジアの農村に井戸を3基造った。今まで、小学校の校庭に造ることが多かったが、これからは水不足に悩む村のためにも井戸を提供していくつもりだ。

 村に井戸を贈呈した式のあと、長老たちと話す機会があった。年は60代~70代だが、強烈な太陽光線が肌を傷めているのだろうか、日本人より20歳~30歳ほど老いて見えた。

 カンボジアには年金も健康保険もないが、家族や子どもたちが年寄りを大事にする習慣があって、お話していて余裕のようなものを感じた。経済的に困窮し、生活は決して楽ではないが、お金では買えないなにかがあった。地域や家族の中で、お互いが寄り添い、支えあって生きている様を実感した。かつては日本もそうだった。

 日本人の平均寿命は、男女合わせると82~83歳だろう。私も、あと半年で高齢者の仲間入りだ。あと何年、国際協力の舞台で活動できるか知れないが、生かされている限り人間としての誇りを失うことなく、真摯に生きて行きたい。

2013年6月1日                    根岸恒次(法人理事長)

Brog130531
寄り添って生きるカンボジアの高齢者たち

|

« 101歳の長寿を全うし旅立った父を偲ぶ | トップページ | 久しぶりに「エミ小学校」を訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの高齢者は幸せだった:

« 101歳の長寿を全うし旅立った父を偲ぶ | トップページ | 久しぶりに「エミ小学校」を訪問 »