« 5年に1度のカンボジア総選挙の結果は? | トップページ | 「クメール教育里親基金」が子どもたちの教育のささえに »

2013年7月29日 (月)

水上生活村の小学校を初訪問

 カンボジアのほぼ中央に位置する、インドシナ半島最大の湖、トンレサップ湖は実に不思議な湖だ。雨季になるとメコン川の水位が上昇、トンレサップ湖からメコン川に注ぐトンレサップ川が逆流してトンレサップ湖に流れ込み、洪水を防止するのだという。自然界のこととはいえ、神の摂理を感じる。このような現象は世界でも南米のポロロッカとトンレサップ湖の2ヵ所だけだそうだ。
Brog130801_2_3

 雨季になるとトンレサップ湖が肥大するので、水辺で暮らす漁民たちの住家は概ね船になっている。住家だけでなく、学校も病院も売店も、何もかも水の上に浮いている。その様子が日本でも時々テレビで放映されるのでご存知の方も多いが、実際に訪れる人は殆どいないようだ。
 そこで、思い切って7月12日、事前に予約を取り水上生活村を訪問、まずは小学校を訪問し、校長先生にインタビューを試みた。

 校長先生は、当会と國學院大學の学生さんたちが9月と11月に計画している小学校訪問を快く受け入れてくれた。お土産のリクエストを尋ねたところ、きれいな飲み水ができる小さなタンクと学用品に決まった。

 学校名は「メイチュレイ小学校」、1年生から6年生まで、243人の生徒が学んでいる。先生は9人。水上生活村に中学校がないため、進学希望者は陸へ上がって通学するそうだが、陸に親戚などがいない場合、進学を諦める子が多いと聞いた。 
 いずれにしても9月(國學院大學)、11月(ふれあいの旅)の訪問が待ち遠しくなった。11月に予定している「カンボジアふれあいの旅」の参加者を募集中、水上生活村の子どもたちと交流してみたい方はぜひご参加を。

2013年8月5日                         根岸恒次(法人理事長)

Brog130801_1_2
船の上の小学校で学ぶ子どもたち

|

« 5年に1度のカンボジア総選挙の結果は? | トップページ | 「クメール教育里親基金」が子どもたちの教育のささえに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水上生活村の小学校を初訪問:

« 5年に1度のカンボジア総選挙の結果は? | トップページ | 「クメール教育里親基金」が子どもたちの教育のささえに »