« 校舎に続いて図書館が完成 | トップページ | 湖に浮かぶ船上小学校を訪問 »

2013年8月30日 (金)

I have a dream

 私とカンボジアとの出会いは、今から18年前に遡る。当時勤務していた団体がカンボジアとの交流を目的とする会を立ち上げ、たまたまその担当になったことがきっかけだった。ほどなく、カンボジアへの視察旅行があって、初めてカンボジアを訪れたのが、95年11月のことだ。

 初めて訪れたアンコールワット。寺院の中心部に通じる参道に、沢山の物乞いが並んでいた。中には小さい子どももいた。灼熱の太陽の下で、学校も行けずに物乞いする子どもの多くは、手や足のない、地雷の被害を受けた子どもたちだった。
 こんなことまでしなくては生きていけない子どもたちのために、自分は何ができるだろうかと考えたことが、NGO団体の設立につながった。

 もともと、国際協力活動には興味があった。子どもの頃から、いつか機会があれば、途上国で病や飢えに苦しむ人たちのために身を投じたい気持ちがあったが、その機会が訪れたのは、40代も後半にもなってのことだった。遅咲きである。 
 このチャンスを逃しては一生後悔するだろうと思い、退職して起業した同時期に本会を立ち上げた。当初は数人のメンバーだったが、次第に仲間が増え、現在は約500人の会員を持つ大きな団体に発展、成長することができた。

 とはいえ、相変わらずの自転車操業である。地盤も看板もない一介の人間、あるのは志のみ、千里の道も一歩からと、ひたすら活動に専念してきたが、家造りに例えればやっと土台作りが終わり、その上に、これから家を建て始める段階といえようか。

 人間だれしも夢がある。夢の実現に向け、ひたすら努力しても困難な現実に直面すると、大半の人たちはそこで挫折してしまう。しかし夢を実現した人も多い。その差は何かといえば、運もあるだろうが、普段の努力の積み重ねしか方法はない。

 今年の12月、私は高齢者になる。65歳以上を高齢者と誰が決めたのか問わないが、我ながらよくぞここまで生かさせてもらえたと実感している。余生というには長すぎる定年後、第二の人生で子どもの頃からの夢に挑戦中である。

 「私には夢がある」と人種差別撤廃を訴えたキング牧師の演説から50年経った今の大統領は、アフリカ系アメリカ人である。キング牧師は道半ばで暗殺されたが、米国民は彼の夢の実現を後押ししてくれた。米国人の度量の深さに感銘している一人である。

2013年9月5日                       根岸恒次(法人理事長)
Brog130829
初めて行われたカンボジアふれあいの旅には30人以上の会員さんが参加してくれた。(2002年1月)

|

« 校舎に続いて図書館が完成 | トップページ | 湖に浮かぶ船上小学校を訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I have a dream:

« 校舎に続いて図書館が完成 | トップページ | 湖に浮かぶ船上小学校を訪問 »