« 辺境の村に住む教育里子たちを訪問 | トップページ | 里子の家でカットのボランティア »

2013年9月26日 (木)

どこへ行く、カンボジア!

  七月二十八日に実施された第五回目のカンボジア国会(下院)選挙は、百二十三議席中、与党(人民党)が六十八議席を取り、野党(救国党・五十五議席)を押さえ、向こう五年間、政権を担当することになった。九月二十四日に開かれた国会で、人民党のフン・セン氏が首相に再任された。

  しかし、野党側(救国党)は、選挙に不正があったとして、週末になるとプノンペン市内で大規模な抗議集会とデモ行進を続けている。九月十五日に行なわれた抗議集会では、群集が一部暴徒化し、市内の至る所に設置されたバリケードを壊して川に投げたり、警備の警察官に向かって投石するなどしたため、野党支持者の一人が警察官の発砲で亡くなり、多くの市民が負傷した模様だ。

  その後も抗議集会やデモ行進が週末に行なわれており、二十三日に召集された国会(下院)を野党がボイコット、カンボジアの政治情勢は混迷を深めている。

Brog131005
【支持者らとプノンペン市内をデモ行進する野党・救国党のサム・レンシー党首(右)】

  シハモニ国王も黙っていなかった。政治には不介入の姿勢をとり続けてきた国王だったが、業を煮やして与党、野党双方の代表者を王宮に呼び、双方がよく話し合って解決するよう仲介に乗り出した。近年では稀なことである。

  このような事態はいずれ解消され、正常な国会運営がなされることを期待する。しかし、今回の選挙結果を受け、国民の政治への関心度が高まり、真の民主政治への方向が指し示された気もする。カンボジアの選挙権は十八歳から。五年後の下院選挙の結果、今は野党に甘んじている救国党が、政権を奪取する可能性がでてきた。

  九三年の民主選挙以降、ほぼ政治の中枢を担ってきた与党・人民党だが、経済成長した割りには国民の暮らしぶりは変わらず、反面、高級官僚や企業家に富が集中しており、その怒りにも似た抗議行動が、選挙結果に現れたのだろう。

  かといって、何ら経験を持たない野党が政権交代しても、日本の民主党の二の舞を演じることになろう。ここは五年間、じっくりと勉強してもらい、真の民主政治を標榜する政党として大きく成長してもらいたいと願う。

2013年10月5日 根岸恒次(法人理事長) 

|

« 辺境の村に住む教育里子たちを訪問 | トップページ | 里子の家でカットのボランティア »

コメント

I can’t understand how to add your weblog to my news reader. any recomendations would be appreciated I want to access your posts.

投稿: showroom | 2013年10月19日 (土) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこへ行く、カンボジア!:

« 辺境の村に住む教育里子たちを訪問 | トップページ | 里子の家でカットのボランティア »