« 六十五歳、高齢者という言葉を返上! | トップページ | 小学校対抗 第6回サッカー大会を開催 »

2013年11月27日 (水)

目の前で、今苦しんでいる人を助けたい

  本会は、病気や事故、親の離婚などが原因で両親や片親を失い、経済的に困窮しているカンボジアの子どもたちが学校へ行けるようにと2003年に「クメール教育里親基金」を創設、11月末現在で約350人の子どもたちを教育支援している。

  11月2日、本会が年に3回実施している「カンボジアふれあいの旅」に参加した里親さんが3つのグループに分かれて里子の家を訪問した。、再会あり初対面あり、里子に会えた里親さんはお土産を渡し、子どもたちの暮らしぶりを熱心に聞いていた。

  ふれあいの旅に参加した柿本恵子さん(静岡県島田市、里親会員)は、里子のヘウン・チェト君(男の子)を4年ぶりに訪問、体が弱いため学校にも行けず、就職もままならない生活ぶりに涙した。
 ヘウン・チェト君は、心臓疾患のため今年の春頃に中学校を退学した。その時点で、教育支援は打ち切りになるのだが、里親さんの意向により生活支援という形で援助を継続している。そのおかげで、就職はできないが何とか食べていけるようだ。
 里親さんの希望は早くよくなって復学すること、祈る思いで里子に別れを告げた。

  同じくふれあいの旅に参加した佃絹代さん(福井県高浜町、里親会員)は、1年ぶりに里子のネウ・スレイカーちゃん(女の子)を訪問した。
 ネウ・スレイカーちゃんは5年生で、夢ホームに近い小学校に通っている。母親が難病で床に伏しており、看病しながら通学していた。昨年の訪問では母親は車椅子だったが、病気が進行して今は寝たきりの生活。当座の生活の足しにと、お米(50キロ入り)をプレゼントした。
20131205_cimg6960
【里子の家を訪問した佃絹代さん(うしろは寝たきりの母親)】

  経済成長著しいカンボジア、米の生産量は日本を抜いて世界10位だと、今朝のニュースで報じていた。首都プノンペンは高級車の渦、大型レストランも満員の盛況ぶり、リゾート地は欧米人がバカンスを楽しんでいる。しかし、目を覆いたくなる悲惨な貧困家庭が数多く存在する現実もある。

  日本も数多くの社会問題を抱えている。飽食の時代でも餓死者が年間100人を超えるという。ホームレスの若者も多い。認知症の高齢者が800万人もいると、NHKで特集番組を組んでいた。
 しかし日本には年金、保険、生活保護などの社会保障がある。決して安泰とはいえないが、その成熟度は途上国の比ではない。

  私たちの小さな活動だけでは貧困問題を解消することはできないが、目の前にいる人を助けることはできる。そんな活動の積み重ねが問題解決に繋がっていくものと信じている。

2013年12月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 六十五歳、高齢者という言葉を返上! | トップページ | 小学校対抗 第6回サッカー大会を開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目の前で、今苦しんでいる人を助けたい:

« 六十五歳、高齢者という言葉を返上! | トップページ | 小学校対抗 第6回サッカー大会を開催 »