« 鈴木千雄さんの「もの作り技能講習会」20回記念祝賀会を開催 | トップページ | 18年間、お疲れさまでした! »

2013年12月27日 (金)

新たな年に向けて

  今年もあと数日を残すだけとなり、時の早さを実感している。
 2013年は、本会にとって節目の年であった。

  本会は2000年1月に創立、約3年の準備期間を経て2003年1月、NPO法人として再出発した。あれから10年、今年の4月には「NPO法人化10周年記念祝賀会」を都内で開催、10年間の労苦をねぎらい、再出発に向けて気勢をあげた。

  本会の現地活動メニューは多岐にわたる。目的は一つだが、その実現のため過去13年間、様々な活動を展開した。その結果、現在の活動内容に集約された経緯がある。

  本会が最も重視している活動の一つが、カンボジアの農村に住む子どもたちが学校へ行くことが出来るよう、経済支援する「クメール教育里親基金」の運営である。2003年に創設し、早や10年が経過した。

  多くの途上国がそうであるように、カンボジアの子どもたち、とりわけ都会から遠い農村で暮らす子どもたちの教育環境はきわめて良くない。さすがに小学校の就学率は90パーセント以上だそうで、貧困などが原因で通学できない子どもの数は減少した。問題は入学後である。明確な数は不明だが、小学校、又は中学校を卒業できずに退学する子どもたちが、農村では約半数いるとみられる。その原因は貧困あり、家庭事情あり、本人の健康問題ありと色々だが、最たるは貧困な家庭を支える必要があるため、退学して工場に働きに行くケースの増加である。「クメール教育里親基金」では、子どもたちが少しでも長い間通学できるよう教育支援を続けており、おかげで多くの子どもたちが、今年も高校を卒業することができた。感謝である。

  両親や片親を亡くし、村での生活が困難になった子どもたちが安心して暮らし、通学することができるよう作られた児童養護施設「夢ホーム」は、09年1月に開設し、丸5年が経過した。現在、5歳から18歳までの子どもたちがここで暮らし、近隣の小・中・高校に通学している。早いもので、開園当初小学生だった子が、今年は6人が高校2年生になった。来年の10月には高校3年生、再来年は高校を卒業して、園から巣立つことになる。そろそろ、そのための準備も始めている。
20140105_dh000007_2
【元気な夢ホームの子どもたち】

  このほか、カンボジアの小学校や農村に井戸、遊具、サッカーゴールなどを贈る活動も行なった。今年から、トイレを寄贈する事業も始まり、カンボジアの民生支援、学校教育支援に力を注いだ。7月には、愛知県の石川桂さん(理事・里親会員)の協力で小学校に図書館を寄贈することができた。

  スポーツ振興にも貢献した。第6回小学校対抗サッカー大会(年に1度開催)を主催し、第4・5回地域交流卓球大会の開催を支援した。

  カンボジアへの訪問旅行も活発に行なった。「カンボジアふれあいの旅」は年3回実施、このほか多くの団体及び個人が本会経由でカンボジアを訪問、それぞれが個性溢れる支援・交流活動を展開した。「カンボジアふれあいの旅」では、微々たる支援だが小学校を訪問して子どもたち全員に学用品を提供した。

  国内でも、様々な活動を実施した。小さな活動を含めば枚挙にいとまがない。
国際協力の分野は、国が行なうODAと、民間が行なうNGOに大別される。NGOの数は全国で1万団体以上といわれるほど急増しているが、果たして現地で信用ある活動を行なっている団体がいくつあるのか、甚だ疑問である。詐欺まがいの活動もあるやに聞く。

  こうした活動は、支援者と事務局との信頼関係、現地と事務局との強固な協力関係が大切であることは言うまでもない。幸い、大勢の会員さんたちが本会を信頼・信用してくれ、今年も活動を無事終了することができた。課題も山積しているが、ここは一丸となり乗りきっていくつもりである。急がす休まず、マイペースで来年も宜しくお願い致します。

2014年1月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 鈴木千雄さんの「もの作り技能講習会」20回記念祝賀会を開催 | トップページ | 18年間、お疲れさまでした! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな年に向けて:

« 鈴木千雄さんの「もの作り技能講習会」20回記念祝賀会を開催 | トップページ | 18年間、お疲れさまでした! »