« 立派なトイレをありがとうございました | トップページ | 一月のカンボジアは寒かった!? »

2014年1月27日 (月)

政治デモと賃上げ闘争が微妙に絡んで

  1月3日、カンボジアのプノンペン郊外で、賃上げを求めてストライキを続ける縫製工場労働者らに警察官が発砲、5人が死亡し数十人が負傷するという惨事が起きた。

  カンボジアでは縫製業は主産業の一つだが、昨年末から約500の工場で労働者らが最低賃金大幅引き上げを求めるストを繰り返していた。現行では80ドルの最低賃金を一気に150ドルへの大幅な引き上げを要求している。
 発砲により多数の死者が出たことに対し、米国国務省も声明で労働者側と政府の双方に自制を求めた。

1459176_188747231315160_1405510010_
【デモ隊の車両を取り囲む警察官】

  カンボジアでは、昨年7月に行なわれた国民議会選挙に不正があったとして、野党側(救国党)が選挙の無効を訴えて毎週のように抗議デモを行なっている。野党側は議会をボイコット、選挙から半年以上が経過した今でも、国民議会が開けない異常な事態が続いている。
 国民が崇拝するシハモニ国王による仲介も、今のところ功を奏していない。

  ここにきて、政治デモと賃上げのストが微妙に絡んで様相は更に複雑化、カンボジアは大きな試練を迎えている。

  1月3日の労働者制圧は、韓国が要請したものだったという疑惑も浮上してきた。韓国資本の企業が賃金の安い労働者を雇い、先進国向けに衣料品を大量生産している。デモが激化して賃上げが通れば韓国企業には大きな損失であるため、カンボジア政府に鎮圧を要請したという。

  順調に経済発展してきたカンボジア、ここにきて大きな正念場を迎えた。混乱を避けて正常な政権運営を望む与党側(人民党)と、賃上げ闘争に不正選挙を絡ませて闘う姿勢を崩さない野党側(救国党)、国王の再仲介があるのか、しばらくは目が離せない情勢が続くようだ。

2014年2月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 立派なトイレをありがとうございました | トップページ | 一月のカンボジアは寒かった!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治デモと賃上げ闘争が微妙に絡んで:

« 立派なトイレをありがとうございました | トップページ | 一月のカンボジアは寒かった!? »