« 今年は小学校の校舎が2つ完成します | トップページ | 篠田朝隆さんの逝去に思う »

2014年2月27日 (木)

カンボジアに井戸を掘り続けて11年

  本会では2003年から今日まで、カンボジアの農村や小・中学校に、手押しポンプ式井戸を239基寄贈した。約11年間、年平均21基もの井戸を掘り続けてきた計算になる。

  井戸作りの資金は、大半が個人又は団体さんからの寄付金によるもので、本会の活動費から支出しているものではない。いわば仲介者である。
 井戸が完成するまで、費用は現在17万円かかっている。数年前まで15万円で完成したが、現地の物価高騰、および最近の円安傾向により、今年から17万円に値上げさせていただいた。

  カンボジアで作る井戸もピンキリで、安価な井戸は3万円~5万円で完成するそうだが、地元民に聞くと耐用年数が短く、壊れたら修理が難しいと言っていた。汲み上げ式で土管を敷設するタイプの井戸もあるが、蓋がないので不衛生、深さも4~5メートルなので、新鮮な水は期待できない。見たことはないが、100万円以上する井戸もあるそうだ。

  本会が作る井戸は、深さが平均40メートル、水はきれいで飲むこともできるが、万一のことを考えて、ヒ素などの水質検査はかならず実施している。検査機関は、アメリカが支援する地元のNGO(RDI)、検査費用は1基につき2ドルと安価である。過去における水質検査の結果は、100%良好である。

Dh000053
【井戸水を飲むカンボジアの子どもたち】

  カンボジアでは、都市部は水道が普及しているが、地方の農村に水道はなく、池や川の水、雨水に頼っているのが現状である。近年、世界各国のNGO団体が井戸を作り、村や学校にその数が増えつつあるが、必要な数には至っていない。

  カンボジアに井戸を作り始めて11年、初期に作った井戸がそろそろ寿命なのだろうか、故障して使えなくなったという報告がきている。そこで、今まで作った井戸を順番に巡り、総点検することにした。初期に作った井戸は水質検査もしていないので、併せて実施することにした。開始~終了まで1~2年かかる予定だ。

  世界に出ると、日本ほど水に恵まれた国はないことが分かる。アフリカなどはカンボジアの比ではない。水道水を飲むことができるなんて、世界に何カ国あるだろうか。

2014年3月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 今年は小学校の校舎が2つ完成します | トップページ | 篠田朝隆さんの逝去に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアに井戸を掘り続けて11年:

« 今年は小学校の校舎が2つ完成します | トップページ | 篠田朝隆さんの逝去に思う »