« 騒音と砂ぼこりの国、カンボジアから | トップページ | 3月も大勢の皆さんがカンボジアを訪問してくれた »

2014年3月27日 (木)

「福祉・退役軍人・青年省」新大臣を表敬訪問

  昨年のカンボジア政府内異動で、本会を管轄する「福祉・退役軍人・青年省」の大臣が交代したため3月19日省庁を訪れ、ヴォン・ソート新大臣を表敬訪問した。本会の現地アドヴァイザーでもある、シアン・ブン・レン内務省大臣も同行してくれた。

Img_3201
【右から4人目がヴォン・ソート新大臣、その左隣がシアン・ブン・レン内務省大臣】

  ヴォン・ソート新大臣は前職が労働省大臣で、カンボジア下院国会議長を務めるヘン・サムリン氏の義理の弟にあたる。ヘン・サムリン氏といえば、1979年にポルポト政権を倒して政権を樹立した歴史上の人物、高校の教科書にも登場する著名人だ。フンセン首相と二人三脚で、現政権をささえてきた。5月下旬、ヘン・サムリン議長が出席するイベントにヴォン・ソート大臣が私を招待してくれたので、都合つけ参加する予定。

  ヴォン・ソート新大臣は、本会の活動の中で特に「クメール教育里親基金」の活動に関心を寄せられ、政府としても応援するので今後も活動の範囲を拡充してほしいと要請があった。カンボジアで活動する数ある国際NGOの中でも、本会のような教育里親制度を導入している団体は少ないという。

  表敬訪問に内務省大臣が同行したこともあり、カンボジアのテレビ局が取材し、夕方のニュースにその様子が放映された。学校の開校式にはかならずと言ってよいほど地元のテレビ局が取材に訪れるため、私は多分10回以上、カンボジアのテレビに出演しているだろう。

  カンボジアでは沢山のNGO団体が活動しているが、誰もが大臣に会うことができる訳ではない。積み上げた活動実績と政府からの信頼関係が肝要。会員の皆さんの真摯な支援活動を、カンボジア政府が高く評価してくれている証でもある。

2014年4月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 騒音と砂ぼこりの国、カンボジアから | トップページ | 3月も大勢の皆さんがカンボジアを訪問してくれた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「福祉・退役軍人・青年省」新大臣を表敬訪問:

« 騒音と砂ぼこりの国、カンボジアから | トップページ | 3月も大勢の皆さんがカンボジアを訪問してくれた »