« 東久邇の宮記念賞授与式&祝賀会開催される | トップページ | 六十の手習い、語学に挑戦してみませんか? »

2014年4月28日 (月)

アンコールワットで見た衝撃が会の設立につながった

 私とカンボジアの出会いは、今から19年前にさかのぼる。
 1995年12月、スタディツアーに参加して訪れたカンボジアのアンコールワット。あの頃、寺院に通じる参道には沢山の物乞いがいた。大人に混じって、地雷で手足を失った、いたいけな子どもも沢山いた。日中は40度を超える炎天下で、真っ黒な子どもたちがか細い声で物乞いしていた光景は衝撃的だった。「こんなことまでしなくては生きていけない子どもたちのために、何かできることはないだろうか」と考え、NGO団体の設立を思い立った。

 最初は暗中模索だった。右往左往、といったほうが適切か。現地では様々な活動をしながら、本当に役立つ支援活動を模索しつつ、今に至った。決して満足ではないものの、何とか形になったかな?という思いだ。

Cimg6858
【感謝の気持ちを忘れないカンボジアの子どもたち】

 もし私が、1~2年で活動をやめていたら、この会は存在していないだろう。私も、違った道を歩んでいたかも知れない。
 名誉心や利害では、このような活動はできない。では、なぜここまで活動を継続することができたのか、一言でいえば「見てしまった者の贖罪に近い使命感」だろうか。

 クリスマスになると必ずテレビで上映される映画がある。「素晴らしき哉、人生」、1946年のアメリカ映画、ジェームズ・スチュワートの名演技が光っていた。
 「自分の夢を追いながらも、不運が重なり自殺を図ろうとした主人公に、“生まれてこなければよかった”と思う彼のため、天使が、彼が生まれて来なかった場合の世の中を見せる。そして、彼がいかに素晴らしい人生を送ってきたかを理解させようとする」と、こんな映画だが、私はくじけそうになった時、この映画を思い出しては奮起し、もう一度頑張ってみようかと、やる気を起こしている。

 カンボジアでは、小学校の校舎を20校作り、井戸も240基掘った。児童施設「夢ホーム」を作り、子どもたちが平和に暮らしている。クメール教育里親基金では、延べ700人もの子どもたちがその恩恵を受け、今も350人の子どもたちが教育サポートを受け、学んでいる。このほか、沢山の活動を通じ、カンボジアの復興と教育を支援してきた。
 もし私がいなかったら、又は途中で挫折して活動をやめてしまっていたら、何もできなかったろう。会員さんも集まることがなかったろう。

 大事なことはアクションを起こすこと。できる範囲でいいので、まずやってみることだ。
今の生活に飽くことなく、一歩前に出てみませんか?

2014年5月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 東久邇の宮記念賞授与式&祝賀会開催される | トップページ | 六十の手習い、語学に挑戦してみませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンコールワットで見た衝撃が会の設立につながった:

« 東久邇の宮記念賞授与式&祝賀会開催される | トップページ | 六十の手習い、語学に挑戦してみませんか? »