« 毎年、深刻な洪水被害が起きるコンポンチャム県を訪問 | トップページ | カンボジアの子どもたちはサッカーが大好き »

2014年5月30日 (金)

ボランティアライフを楽しもう

 5月のカンボジア訪問旅行は、鈴木千雄さん(愛知県あま市・里親会員)と一緒だった。
 鈴木さんは板金加工をメインとする技術屋さん、現代の名工100人に選ばれ、2004年には天皇陛下より黄綬褒章を受章した偉い方である。

 鈴木さんが本会に加わったのは2004年のこと。ピースボートで知り合った遠藤啓さん(静岡県伊豆の国市・会員)の紹介で、ふれあいの旅に参加した。
 以降、本会の里親会員として3人の子どもを教育支援、2007年には、シェムリアップの小学校に校舎(5教室)を寄贈した。

 さらに2009年、本会がコンポンスプー県で運営する児童養護施設「夢ホーム」に職業訓練棟を寄贈、以後隔月に夢ホームを訪問し、板金加工技術を子どもたちに指導した。
 職業訓練のための訪問回数が20回になったのをひと区切りとし、昨年11月に定期訓練は終わったが、今年からは随時渡航し、小規模な職業訓練を継続している。

 今回の訪問旅行でも鈴木さんは夢ホームに3泊し、子どもたちやスタッフから要望のあった行水用たらいを、子どもたちと一緒に2つ製作した。さっそく、子どもたちは行水し、大喜びしていた。
 予想外に喜ばれたので、鈴木さんは今年の9月にカンボジアを訪問する際、鈴木さんが教育支援している里子の家にも、行水用たらいを寄贈したいと言っている。

Dsc_0075
【鈴木さんが作ったたらいで行水を楽しむ夢ホームの子どもたち】

 鈴木さんは今年74歳、会社を息子さんに譲り、悠々自適に余生を楽しんでいる。
 余生の過ごし方は人により様々だが、鈴木さんのようなボランティアライフをお奨めしたい。

 5月6日、久しぶり荒川智子さんにカンボジアで会い、夕食をご一緒したが、荒川さんも鈴木さんと同様、十年以上にわたりカンボジアの幼稚園で、ボランティア活動を続けている。 70歳を過ぎた今でも毎年一度はカンボジアに行き、幼稚園の先生を教育指導している。
 荒川さんも本職は保育士だ。

 人は、自分の意思にかかわらず生まれ来て、時期がくれば命が終わる。地球が誕生して46億年、人類(猿人)が誕生して7百万年といわれている。私たちは繰り返しの中で、ほんの一瞬、この世に存在している。ほんの一瞬であっても、蛍のように一時の輝きを失いたくないものだ。

         2014年6月10日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 毎年、深刻な洪水被害が起きるコンポンチャム県を訪問 | トップページ | カンボジアの子どもたちはサッカーが大好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアライフを楽しもう:

« 毎年、深刻な洪水被害が起きるコンポンチャム県を訪問 | トップページ | カンボジアの子どもたちはサッカーが大好き »