« 加速する日本企業のカンボジア進出 | トップページ | 信用は大きな財産、私にはこれしかない »

2014年6月30日 (月)

カンボジアで夢を探してみませんか?

 5月の有効求人倍率が1・09倍と、22年ぶりの高水準となったそうだ。求職者100人に対し、109人分の仕事があるということ。問題は仕事の中身。パートや派遣社員などの、いわゆる非正規の求人が中心、この20年で雇用の質が大きく変化した。

 バブル崩壊後の「失われた20年」を経て、雇用状況は一変した。非正規社員数は1千万人から2千万人へと倍増したが、正社員は500万人減った。安い賃金で労働力を確保しないと経営が成り立たない企業が増えたためだ。
 さらに生産拠点を海外に移した製造業からの求人が減る一方で、若い人手を必要とする飲食業などの求人が増え、人手不足で牛丼屋や居酒屋が店舗数を減らしていることが大きな話題となった。

 こうした傾向は、若い人たちから夢を奪っているように思える。大学は出たけれど正社員になれず、アルバイト生活に甘んじている若者が相当数いるようだ。お金がないと結婚もできない。昔は当たり前のことだった、家庭を持ち子どもを育てることすら出来にくくなった感がある。
 バブル崩壊後、非正規採用を増やして生き残りをはかった企業、それを擁護するべく、小泉政権が非正規採用を大幅に認めた結果の産物だ。

 しかし、一歩海外へ出れば、別世界がそこにはある。日本人として生まれれば便宜上日本国籍を有するが、それ以前に私たちは地球市民であって、なにも日本という狭い空間に拘束される必要は全くない。場合によれば国籍を変える方法もある。
 例えば、EU(ヨーロッパ共同体)内では旅行だけでなく、自由に移住することができる。自国の政策が気に入らなければ他国に移住することもでき、世界は住民が国を選ぶ時代になりつつある。米国もしかり、気に入った州に移住することが当たり前になっている。ASEAN(東南アジア諸国連合)も、そのような方向を目指しているという。

 そこで、若い人たちには日本という枠にこだわることなく、海外に渡り、夢を実現してほしいと願う。特に私が年の三分の一近く住むカンボジアは若者の国(平均年齢22歳)であり、まさに発展途上の国だ。夢がごろごろしている国、入国ビザも簡単に取れ、国際結婚も可能、カンボジア人と結婚して所帯を持つ日本人も沢山いる。

2014715_5
【牛の乳を飲む子ども。カンボジアっておもしろい国ですネ。】

 私の若い頃は、海外へ行くのはお金がかかり(確か1ドル360円?)日本以外の国で暮らすことは困難だったが、時代が変わり、航空券も安くなっていつでも海外へ行くことが可能になった。このアドヴァンテージを活かさない手はない。
 勿論、そのためには語学(特に英語)をマスターすること。あとは海外で役立つスキルを磨くことだ。恐れずにチャレンジすることが大切に思う。
 二度とない青春、悔いのない日々を過ごしてほしい。

|

« 加速する日本企業のカンボジア進出 | トップページ | 信用は大きな財産、私にはこれしかない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアで夢を探してみませんか?:

« 加速する日本企業のカンボジア進出 | トップページ | 信用は大きな財産、私にはこれしかない »