« カンボジアが近くなりました | トップページ | カンボジアンドリーム »

2014年7月30日 (水)

久々に「トウールスレン博物館」を訪問

 7月9日~15日に行なわれた第27回「カンボジアふれあいの旅」に参加した私は、久しぶりに「トウールスレン博物館」を訪問した。1975年4月から79年1月まで、カンボジア国民を恐怖のどん底に陥れたポルポト政権当時、この建物は高等学校の校舎だったが、いわれなき罪で逮捕、拷問・虐殺が行なわれた元刑務所跡である。約2万人のカンボジア人が殺されたといわれる、まさに東洋の「アウシュビッツ収容所」だ。

 2年ぶりに訪れた博物館の入り口に、84歳になるチュム・マイさんがいた。囚人として収容された大半の人が命を落とす中、命からがら生き延びた最後の生き証人といわれる7人のうちの1人だ。チュム・マイさんは、ここで自叙伝を販売しながら生計を立てている。
 体のあちらこちらに拷問された時の生々しい傷跡が残り、チュム・マイさんは指で示して説明してくれた。中には幼い子も拷問を受け、殺されたと話してくれた。父母が教師だったというそれだけの理由で。
Cimg9022

【チュム・マイさん(中央)と。(左はふれあいの旅に参加した加藤和代さん)】

 1979年1月7日、ベトナム軍に後押しされたヘン・サムリン(現国会議長)やフン・セン(現首相)らによりポルポト政権が崩壊、この日は勝利の日としてカンボジアの祝日になっている。その後も続く内戦を克服し、カンボジアの人たちは念願の平和を勝ち取った。
 今もなお政治の混乱があるものの、民主主義国家としての階段を一歩ずつ歩み続けている今日である。

 一方、ポルポト政権の人道に対する罪を裁く国際法廷が行なわれているが、被告人の高齢化などが理由で遅々として進まず、あいまいな形で幕引きされる可能性が高い。カンボジアには死刑制度がないため、最高でも終身刑、余命幾ばくかの高齢被告には大きな痛手ではなさそうだ。

 ポルポト政権下では、100万人~200万人のカンボジア人が亡くなったとされる。かなりアバウトな数字だが、病死・餓死・過労死などを含めると200万人という数字もあながち嘘ではなさそう。二度と同様の過ちがないよう、徹底的な検証と犯罪者への処断が求められている。

 ポルポト政権崩壊から35年、カンボジアは劇的変化を成し遂げた。トウールスレン博物館から直線距離にして2kmの場所に「イオンモール」がオープン、まさに隔世の感だ。しかし油断は禁物、平和を楽しむとともに、政治が間違った方向に進むことのないよう、注視していく必要がある。

 もっとも、今は日本の行く末のほうが心配だ。69回目の終戦記念日まであと2週間、日本が再び軍国主義の道を歩むことのないよう、行動していかなければならない。

           2014年8月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« カンボジアが近くなりました | トップページ | カンボジアンドリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に「トウールスレン博物館」を訪問:

« カンボジアが近くなりました | トップページ | カンボジアンドリーム »