« 今年は3つの小学校に新校舎が完成します! | トップページ | 37回を数える「カンボジアふれあいの旅」 »

2014年8月28日 (木)

ポルポト政権下で生き延びた日本人妻による体験記を読んで

 8月24日から26日にかけ、「かながわ県民センター・展示場」で開催した写真展「アジアの子どもたち」のお手伝いに来てくれた遠藤啓さん(静岡県伊豆の国市・本会会員)が、一冊の本を持ってきてくれた。タイトルは「カンボジアの戦慄」(細川美智子・井川一久共著、1980年、朝日新聞社刊)。ネットで調べたが、政治的理由により、早々と絶版になったそうだ。当時は冷戦の真只中、不思議にもわが国の政府は西側諸国に同調し、悪名高きポルポト政権を承認していた関係だろうか?

 著者の一人、細川美智子さんは1942年、東京都世田谷区に生まれた。1962年、留学後日本で仕事をしていたカンボジア青年と結婚、カンボジアのプノンペンに居を構えた。
 2人の男の子に恵まれ、平穏な生活をしていた矢先、1975年4月にポルポト派がプノンペンを制圧、不幸にも出国のタイミングを失った細川さんは、1979年1月にポルポト政権が崩壊するまでの3年8ヶ月間、カンボジア国内に身を置き、地獄の苦しみを味わうこととなった。本書はその間の貴重な体験記である。

 ポルポト政権が誕生する前、カンボジアには二十数人の日本人妻がいたが、そのうちの7人がカンボジアに残された。その中の一人、内藤泰子さんのことはすでに当ブログでも紹介したが、ポルポト政権崩壊後生還できた日本人女性は、内藤泰子さんと細川美智子さんの2人だけだった。(残る5人は行方不明のようだ)

 細川さんの言葉を借りれば、ポルポト政権下のカンボジアは、国全部が劣悪な刑務所と化していた。餓死、病気、処刑などにより、100万人~200万人が命を落としたとされる。
 同一民族によるこれだけの犠牲者数は、世界史上極めて稀なことである。

20140905
【かんがい用水の建設作業をする当時の人たち(1976年頃)】

 この事実だけを見ると、カンボジア人は残酷な民族ではないかと誤解されがちだが、真実は正反対である。カンボジア人は真綿のような白い心を持っていたそうだが(細川さんの言葉)、そのことが返って、悪魔の政権に付け入る隙を与えてしまったのだろう。軍国主義化していく日本にブレーキをかけることができなかった戦前の日本人にも共通している気がするのだが。

 あれから35年、カンボジアは平和になり、当時のことを知るには、ポルポト時代の刑務所跡「トウールスレン博物館」に行くほかに方法がない。カンボジアの人たちは、忌まわしい過去を振り返ることすらせず、今ある平和と繁栄を謳歌している感がある。それはそれとして素晴らしいことだが、二度と不幸な歴史を繰り返すことがないよう、カンボジア国民の為政者に対する鋭い監視の目が必要に思う。

           2014年9月5日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 今年は3つの小学校に新校舎が完成します! | トップページ | 37回を数える「カンボジアふれあいの旅」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/60222285

この記事へのトラックバック一覧です: ポルポト政権下で生き延びた日本人妻による体験記を読んで:

« 今年は3つの小学校に新校舎が完成します! | トップページ | 37回を数える「カンボジアふれあいの旅」 »