« 9月のカンボジアはシトシト雨 | トップページ | 現地活動用に新しい車を購入 »

2014年9月26日 (金)

小学校のない村に校舎を贈ろう

 9月16日、カンボジアのプレイベーン県、ポウティプルックサー村を訪問した。プレイベーンは、日本語に訳すと長い森という意味、日本では長野県、といったところか。小学校の校舎建設を希望している村があるという情報を聞き、早速その村を訪ねた。

 村に着くと、仮校舎で学ぶ子どもたち(約120人)が出迎えてくれた。そればかりか、村長さん始め村の人たちも沢山集まっていて、私たちを歓迎してくれた。校舎建設に関してまだ何の約束もしていないのだが、日本人が視察に来るということで、どうしてもお願いしたいという、村人や子どもたちの熱意が感じられた。

 村長さんによると、この地区にはポウティプルックサー村を含む3つの村があるが、小学校がなかったため、村の子どもたちは約7キロメートル離れた隣村まで通学せねばならなかった。これを見かねた村人たちがお金を出し合い、10年ほど前、牛小屋を改造して校舎を作った。先生は、近隣の小学校より派遣された2人の男性教師が午前中のみ、子どもたちを教えている。校長もいないため正式な小学校ではなく、分校に相当するのだろうか。

S_dh000018
【仮校舎に集まった村の子どもたち】

 しかし、牛小屋校舎も老朽化し、とうとう洪水で水没してしまったため今年の8月、再び村人たちがお金を出し合って現在の仮校舎を作り、急場をしのいでいる。しかし仮校舎なので、強風、大雨のとき、授業は中止されるそうである。

 近年、カンボジアは人口が急増しており、子どもたちが増え続けているものの、校舎や教師が不足していて勉強もままならない子どもたちが沢山いることが、今回の訪問でよく解かった。

 しかし、日本を始め諸外国の支援団体は、意外にも新設小学校には消極的だとか。要望にそって校舎を作っても、実際に使ってくれるかどうか分からないからだ。だから、校舎建設は老朽化校舎の建て替えがほとんど。それはそれで立派な支援だが、緊急性を考えれば、このような村にこそ支援が必要に思う。

 本会では、2003年から今に至るまで21の校舎を建設し、地元の村に寄贈した。現在、2つの校舎を建設中で、今年の11月と来年3月に完成する予定。
 まだまだ校舎を要望する村が多いので、関心ある方は是非当方に相談していただきたい。

           2014年9月30日 根岸恒次(法人理事長)

|

« 9月のカンボジアはシトシト雨 | トップページ | 現地活動用に新しい車を購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校のない村に校舎を贈ろう:

« 9月のカンボジアはシトシト雨 | トップページ | 現地活動用に新しい車を購入 »