« 国内イベントに参加することは大きな意義がある | トップページ | カンボジアの教育事情について »

2014年10月29日 (水)

ポル・ポト政権悪夢の3年8ヶ月

 1975年4月17日、正月明けのプノンペン市内に兵士を乗せたトラックや装甲車が続々入ってきた。ポル・ポト率いるクメール・ルージュの軍隊である。(カンボジアのお正月は4月)

 クメール・ルージュは、農村主体の徹底した共産主義思想のもと、すでに73年頃までに農村の大半を掌握したが、ロン・ノル政権を倒して「民主カンボジア」の樹立を宣言した。
 当時プノンペンに住んでいた約150万人の市民は1週間で地方に強制移住させられ、プノンペンはゴーストタウンになった。

 クメール・ルージュは、集団農業を核とした原始共産制社会の実現をめざした。貨幣制度を廃止、都市住民を農村へ移住させ、強制労働に従事させた。政権にさからったり、その可能性のある人々を次々と粛清、その結果拷問や処刑、飢餓、病気などにより100万人~200万人が命を落としたとされる。
 地方に強制移住させられた都市住民は「新人民」と呼ばれ、農村にいた「旧人民」と区別されて過酷な強制労働に従事させられた。

20141103_s
【電車に乗るクメール・ルージュの幹部たち(左端がポル・ポト)】

 ポル・ポト政権時、13歳だった私の友人は、家族とともにプノンペンからバンテアイミンチェイ県に強制移住させられ、毎日かんがい用水の工事に駆り出された。父や兄は餓死、本人も空腹に耐えかね、野ねずみを捕まえて食べようとしたところを兵士に見つかり、3日3晩、野ねずみを目の前に置かれて働かされた思い出を語ってくれた。

 こんな極端な政権が長く続くはずがない。フン・セン現首相やヘン・サムリン現国会議長らが反旗を翻してベトナムに応援を求め、1979年1月7日、ベトナム戦車部隊がプノンペンを制圧、3年8ヶ月に及ぶ恐怖政権が終わった。(1月7日は勝利の日として国民の祝日になっている)

 クメール・ルージュが後世に残した唯一の財産といえば、かんがい用水だろう。
 カンボジアの最盛期であるクメール王朝の時代、王は巨大なため池を作り、田んぼに水が行き渡るように工夫した。(西バライ・東バライ)ポル・ポトもこれを見習い、全国にため池やかんがい用水を建設、今も使われている。

 クメール・ルージュが崩壊して35年、当時を体験した人々は少なくなった。日本も戦後70年、戦争体験の語り部が少なくなり、いつかゼロになるだろう。
 日本の右傾化を思うと、次世代へ戦争体験を語り継ぐことの大切さを痛感する。

          2014年11月3日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 国内イベントに参加することは大きな意義がある | トップページ | カンボジアの教育事情について »

コメント

ポルポト幹部が終身刑を宣告された。私はポルポトに対する知識は一般の知識よりも下回っていたと思うが、裁判、ならびに、裁判記録を和訳して、生き延びたBow Mengを和訳して、出版、今は6年かけて集めた情報を写真を中心とする本を自署。多少は購入される人もあり、感謝しながらも、今は
ヨーロッパの英語圏向けに日本語版を英訳している。来春には発刊する予定である。特にかんがい用水には興味を持ち、300万人殺戮したポルポトの灌漑用水がどれほど価値があったのかを真剣に調査したい。イベントには出席希望。

投稿: 堀井文衛 | 2019年9月24日 (火) 22時09分

私はポルポト政権に関心を持ち、何回もの裁判、に出席している。ポルポトを知るために、裁判記録の和文出版、BOW Mengの和文出版、ならびに、自署出版をしながら、ポルポトの
思想の解明に動き回っているが、もしも、日本国内で、ポルポトに関するイベントがあるならば出席したい。そのために
コメント欄に
記述しました。

投稿: 堀井文衛 | 2019年9月24日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポル・ポト政権悪夢の3年8ヶ月:

« 国内イベントに参加することは大きな意義がある | トップページ | カンボジアの教育事情について »