« 小学校のない村に校舎を贈ろう | トップページ | シハヌーク前国王の三回忌に思う »

2014年10月 1日 (水)

現地活動用に新しい車を購入

 本会がカンボジアで10年以上使用した車(トヨタ製のピックアップカー)を廃車し、とうとう新車を購入した。今回はニッサン製のピックアップカーである。
 カンボジアの交通機関は車が中心、電車・地下鉄・バスなどの公共乗り物がほとんどないため、車がないと何処にも行くことができない。

 本会が最初に車を買ったのは2001年頃と記憶している。中古の乗用車(カムリ)だったが、すぐに故障して使えなくなってしまった。
 これを見かねて武藤滋さん(静岡県沼津市、里親会員)が2003年、トヨタ製のピックアップカー(新車)を買ってくれた。以後11年間、現地における活動の足として活躍してくれた車だったが、最近は故障が多くて、修理代が会の大きな負担となっていた。

 そこで本会は昨年7月、会員の皆さんに車を購入するための募金を開始、今年の3月頃には購入資金を確保することができた。

 車を少しでも安く購入できるようにと、カンボジア政府に免税申請の手続きを行なった。これが意外に手間取ったが、この程、関係者らの努力により免税の許可がおり、ようやく新車が納入された。  
まだ仮のナンバーだが、2~3週間後には青色のナンバー(国際NGO機関などに限定)を頂くことが可能になった。免税もさることながら、青色ナンバーはカンボジア政府が認可した、数少ない国際NGOとしてのステイタスでもある。(旧車は白ナンバー)

Dh000124
【11年間お世話になったトヨタハイラックス(左はカンボジア人ドライバーのリーさん)】

Img_20140929_111013
【新しく買ったニッサン製ピックアップカー】

 新車にはこれから大いに頑張ってもらうが、旧車には心からご苦労様と言いたい。11年間、走行距離は多分50万キロメートルを超えていただろう。しかも、カンボジアの道路は未舗装の凸凹道ばっかり。よくぞ11年間も走り続けてくれた旧車に感謝、また、ほとんど無事故で運転してくれたカンボジア人ドライバーにも拍手を贈りたい。

 新車を購入するために寄付してくださった、沢山の会員さんにも感謝したい。概してカンボジアの物価は日本より安く、物によっては5分の1程度だが、車に関しては日本より高価である。ましてや新車ともなれば、この種の車を300万円以下で購入することは不可能。この程購入した新車も、免税措置を受けてこの位の値段である。

 私たちのカンボジア支援活動は、より沢山の方から協力をいただき、成り立っている。このことを忘れることなく、現地で有効な支援活動を行なっていきたい。


          2014年10月6日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 小学校のない村に校舎を贈ろう | トップページ | シハヌーク前国王の三回忌に思う »

コメント

Tormoxin 500mg Cod Next Day Delivery in Hartford fdcdbgkefebd

投稿: Johnk865 | 2014年10月27日 (月) 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現地活動用に新しい車を購入:

« 小学校のない村に校舎を贈ろう | トップページ | シハヌーク前国王の三回忌に思う »