« 第28回「カンボジふれあいの旅」に32人参加 | トップページ | ヘン・サムリン国民議会議長を表敬訪問 »

2014年11月28日 (金)

愛する第二の故郷「プノンペン」

 カンボジアの首都プノンペンは、私にとって第二の故郷である。1995年12月に初訪問以来、今に至るまでの訪問回数は多分100回を超えているだろう。(途中まで数えていたのだが)

 初めて訪問した当時、プノンペン国際空港から市内のホテルまでの道には街灯がなく、信号もなかった。「とんでもない所に来てしまった」と、不安と期待が交差していた。

 あれから約20年、プノンペンの昼間の人口は200万人を超える大都市に変貌した。

 橋の整備が進んでいる。プノンペン市内の大河にかかる通称「日本橋」(日本の無償援助で完成)の交通量が増えたため、日本橋と並行し中国の援助で「中国橋」が完成した。日中はここでも張り合っているのだ。

Cimg2735_s
【日本橋と並行して完成した中国橋】

 街は相変わらず建設ラッシュが続いていて、2~3の大型ショッピングモールが数年中にオープンする予定。6月にオープンした「イオンモール」もうかうかしていられない。すでに平日は閑古鳥が啼いている。

 半面、道路整備は遅れたままだ。道には歩道らしきものがなく、プノンペン市内を歩くときは、決して上を向いて歩いてはいけない。階段や段差が多く、うっかりするとつまずいて怪我をする。
 先日も、同行した日本人が階段につまずき、軽傷を負った。

 ドライバーの交通マナーも悪く、それを取り締まる筈の警察官も結構いい加減だ。交通違反の罰金は日本円にして50円~600円と幅広く、罰金は上納することなく、対応した警察官の懐へと消えていく。その証拠か?カンボジアの警察官はビール腹が多い。

 人がごったがえすマーケットを歩いて見るのも楽しいもの。「東南アジアに来た~」という印象。プノンペン市内には4つの巨大マーケットがあって、大勢のプノンペン市民と外国人客で賑わっている。

 そんなマーケットだが、滞在中、古いマーケットで大火事が発生した。出火原因は不明だが放火の噂も。古いマーケットを一掃し、大型店舗を建設しようとする一派の仕業か。

 新旧が混在する街プノンペン、アジアの喧騒をほうふつとさせる街プノンペン、高齢者には住みにくい街だが、どことなく魅かれて20年経った。

 私はプノンペン滞在中、郊外の国際空港に近いアパートで暮らしている。(本会事務所もそこにある)明日はいよいよ帰国、帰れば日本は12月、多忙な師走が待っている。モードチェンジし、張り切っていこう。(11月27日記)

          2014年12月8日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 第28回「カンボジふれあいの旅」に32人参加 | トップページ | ヘン・サムリン国民議会議長を表敬訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛する第二の故郷「プノンペン」:

« 第28回「カンボジふれあいの旅」に32人参加 | トップページ | ヘン・サムリン国民議会議長を表敬訪問 »