« 第7回小学校対抗サッカー大会を開催 | トップページ | あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 »

2014年12月24日 (水)

15年間ありがとうございました。

 今年もあと数日となった。この1年は皆さんにとって、どのような年だったのだろうか?
 本会を創設し、今年は15年目という節目の年だった。丸15年が経過したわけだ。
 15年。長いようで短く、短いようで長かったような。どちらかと云えば、あっという間の15年だった気もする。それだけ充実していたということか。

 本会の創立記念日は、2000年1月1日である。20世紀最後の年に誕生したので、会の名前も「21世紀のカンボジアを支援する会」になった。
 カンボジアを愛する数人で始めた活動だった。当時のメンバーはほとんど残っていないが、その志は今も消えずに継承されている。

 来年早々、15年間の歩みを小冊子にまとめる予定だが、カンボジアでの主な実績は次の通り。
 ●小・中学校に寄贈した校舎の数=22棟
 ●小学校などに寄贈した図書館の数=2棟
 ●小学校、村に寄贈した手押しポンプ式井戸の数=261基
 ●小学校に寄贈したブランコ・滑り台など遊具の数=25セット
 ●小学校や村に寄贈したトイレの数=6棟
 ●小学校に寄贈したサッカーゴールの数=8セット
 ●学用品を配布した小学校の数=約150校
 ●「クメール教育里親基金」で教育支援した子どもの数=約700人
 ●カンボジアツアーの回数=37回
 ●理事長のカンボジア渡航回数=93回

 このほか、児童養護施設「夢ホーム」の開設、各種の職業訓練事業、緊急時のお米や備蓄品配布、巡回医療活動、紙芝居による教育活動、サッカー大会などを行なった。
 これらの活動がカンボジア政府に高く評価され、先月18日にはヘン・サムリン国民議会議長の招待を受け、表敬訪問が実現した。

20141229_s
【22校目の校舎贈呈式であいさつする(11月15日、オンペル辻小学校にて)】

 これらはすべて、活動を共にしてくれた会員さんの功績であり、私は単なる仲介者に過ぎない。来年は16年目、さらに20年、25年、30年と、命ある限り活動していきたいと思う。

 気がかりは、日本の子どもたちの将来。データによれば、子どもの6人に1人は貧困家庭にあるという。家庭の事情で学校へ通えない子、親の虐待、いじめによる自殺も後を絶たない。カンボジアどころか、日本人として目の前の子どもたちを何とかしなければ・・・

          2014年12月29日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 第7回小学校対抗サッカー大会を開催 | トップページ | あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15年間ありがとうございました。:

« 第7回小学校対抗サッカー大会を開催 | トップページ | あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 »