« ヘン・サムリン国民議会議長を表敬訪問 | トップページ | 15年間ありがとうございました。 »

2014年12月17日 (水)

第7回小学校対抗サッカー大会を開催

 サッカーが大好きなカンボジアの子どもたちに夢と希望をもってもらおうと、本会は「カ
ンボジアの子どもたちに夢と希望を贈る市民の会」(茨城県日立市)と共催し、カンボジア・コンポンスプー県内の小学生を対象に、毎年サッカー大会を開催している。

 11月16日、第7回コンポンスプー県小学校対抗サッカー大会を、夢ホームの近くにある「ローロッ小学校」の校庭で開催、選手や応援隊など200人の子どもたちが集った。
 参加したのは、夢ホームに近い8つの小学校。各小学校から選ばれた選手がサッカーの技を競い合った。優勝したのは、夢ホームの子どもたちが通う「タメイ小学校」。昨年に続く2連覇達成。

 夕方行なわれた閉会式では、日立市から参加した皆さんから、沢山の賞品が優勝チームなどに贈られた。本会からも、参加した全チームに賞金を贈った。
 おりしも、カンボジアを訪問中の第28回「カンボジアふれあいの旅」の参加者、日立の皆さんに同行した「世界遺産研究会」の皆さんも午後からサッカー大会を観戦し、拍手を送っていた。

20141222_dsc_9447
【サッカー大会に参加した子供たちと】

 早いもので、今年は7回目の開催。第1回は、夢ホームの狭い庭で行なっていたが、現在は広いサッカー場のある小学校で開催している。

 サッカー場といっても、グラウンドは凸凹、小石もごろごろしている。カンボジアの子どもたちはシューズもはかず、素足でボールを蹴っている。足の裏が靴底のように厚くなっているのだろうか。シューズをプレゼントしても、夢中になると途中からシューズを脱いでしまう。

 「継続は力なり」というように、何事も続けることが大切に思う。年に一度の大会ではあるが、子どもたちはとても楽しみにしている。それもそのはず、カンボジアにはこの種の大会が少ないため、大会が近づくにつれ、遅くまで練習しているそうだ。

 本会は、カンボジアの子どもたちがサッカーになじめるようにと、サッカーゴールを寄贈してくれる人を求めている。価格は、一式6万円~7万円。詳しくは事務局へ問い合わせを。(電話=03-3991-2854)

          2014年12月22日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« ヘン・サムリン国民議会議長を表敬訪問 | トップページ | 15年間ありがとうございました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回小学校対抗サッカー大会を開催:

« ヘン・サムリン国民議会議長を表敬訪問 | トップページ | 15年間ありがとうございました。 »