« カンボジアのイスラム教徒 | トップページ | カンボジアの交通事情 »

2015年1月30日 (金)

カンボジアでの、日本に関するニュースから

 カンボジアの首都プノンペンからベトナムのホーチミン市を結ぶ国道1号線は、途中のメコン川に橋がないためフェリーを使っていたが、この程日本の無償支援による橋が完成、1月14日、完成を祝うセレモニーが行なわれた。

 式典には、カンボジアのフンセン首相、中根外務大臣政務官ほか、多数が出席した。式典の中でフンセン首相は、この橋を「つばさ橋」と命名すると発表した。
 「つばさ橋」は今後仕上げ工事が行なわれ、4月のカンボジア正月前に開通する予定とのこと。プノンペンーホーチミン間の陸上輸送が改善され、今後、カンボジアへの投資が増えるものと期待される。

 日本の支援で完成した橋は、プノンペン市内のトンレサップ川にかかる通称「日本橋」、コンポンチャム県のメコン川にかかる「きずな橋」に次ぐ三つ目となる。この程完成した「つばさ橋」も「きずな橋」同様、カンボジア紙幣(500リエル)に印刷されるそうだ。

20150202_001
【日本の支援で完成したネアックルン橋】

 もう一つ、新鮮な話題を。
 カンボジアを訪れる日本人は年間18万人を超え、日系企業数は約120社、在留邦人は2,000人を超える。

 観光客はアンコールワットのあるシェムリアップ県に集中しているが、日系企業はプノンペンが多い。そんなプノンペンの繁華街に、日本人商店街「絆ストリート」が誕生した。   
現在のところ飲食店9店舗が出店、さらに今年も、数店舗の出店が確定しているという。

 1月18日には、「第1回プノンペン祭りin 絆ストリート」が開催され、歌や太鼓の競演で賑わった。

          2015年2月2日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« カンボジアのイスラム教徒 | トップページ | カンボジアの交通事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアでの、日本に関するニュースから:

« カンボジアのイスラム教徒 | トップページ | カンボジアの交通事情 »