« カンボジアの平和を願い「平和小学校」と命名 | トップページ | 第29回カンボジアふれあいの旅終わる »

2015年2月27日 (金)

カンボジアの子どもたちと心の交流を!

 今年は、本会が創立して15年の節目の年である。スタートは2000年1月。20世紀最後の年だったので、会の名称を21世紀・・・にした。

 早や15年というべきか、やっと15年というべきか、いずれにせよ15年間、数多くの人たちに支えられ、今に至ったことを感謝している。

 「継続は力なり」というように、何事も続けることが大事である。15年の間には、挫折して「もうやめよう」と思ったこともあるが、それは初期のこと、もうここまできたら、やめようにもやめられないほど、国内外において本会の存在意義が増している。特に、現地カンボジアの期待感は年々増すばかりである。

 とりわけ、貧しい家庭にある子どもたちが学校に行けるようにと、2003年に開始した「クメール教育里親基金」では、現在約350人の子どもたちを、日本の教育里親さんがサポートしている。中には卒業を待たずして、家計を助けるため退学してしまう子どもたちもいるが、これまで学ぶことができたことを、子どもたちは感謝している。

20150309_
【学校で学ぶ子どもたち】

 先日、ある教育里親会員の方からお手紙を頂いた。カンボジアで暮らす見ず知らずの里子との、心温まる交流を描いたものだったが、手紙の最後に「人生は出逢いのためにあります。このプロジェクトの目的は、カンボジアの農村の子らを学校に行かせることですが、学校に行かせることがすべてではなく、支援活動を通して、様々な出逢いがあり、感動を分かち合い、支えあい、お互いの人格を育てていくことが一番の目的のように思えます。」と結んであった。このような手紙を頂くと、つくづく「続けていて良かった」と思う。

 人生は出会いの連続である。最近はインターネットが普及し、本会も毎日のように、国内外の色々な方から連絡を頂く。ときには身の上相談のような会話もある。事務所を訪ねてくる人も増えた。支援を通して、新たな人の輪が次々と生まれる。とても休んでいられない日々である。

 人間、孤立してはいけない。いくつになっても、好奇心旺盛であってほしい。体が温かいうちは、心もホットであってほしい。あなたの溢れる愛を、途上国の子どもたちに向けてほしいと願うものである。

 最近、悲しい新聞記事を目にした。「出会い系」有料メールで一人暮らしの男性高齢者が詐欺にあい、1000万円をふいにしたという。「サクラ」にだまされたのだ。被害にあった高齢者が沢山いるそうだ。一人暮らしの寂しい高齢者を狙い撃ちした犯罪だが、だまされるほうも注意が足りない。1000万円あれば、年間3万円の教育基金では約300人の子どもたちを支援できる。もったいない話だ。

          2015年3月9日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« カンボジアの平和を願い「平和小学校」と命名 | トップページ | 第29回カンボジアふれあいの旅終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの子どもたちと心の交流を!:

« カンボジアの平和を願い「平和小学校」と命名 | トップページ | 第29回カンボジアふれあいの旅終わる »