« 春を飛び越えいきなり猛暑に | トップページ | 洪水が押し寄せる村に高床の校舎が完成 »

2015年3月30日 (月)

カンボジアからのトピックニュース

《今年度より教員の給与を三十七ドル増額》

 カンボジア政府は、今年度より教員の月給を現行の125ドルから37ドル増額し、162ドルとすることを発表した。
 与党人民党は一昨年、教育システムの改革を選挙公約にして選挙活動を行っており、今度の給与増額は公約実行の一端だ。
 日本の外務省の発表では、カンボジアの小学校の就学率は2011年時点で69パーセント、中学校は17パーセントと周辺国と比較しても著しく低い。その背景に、教員の給与が不十分であることが指摘されていた。
 カンボジアでは、本来無料で通学できる公立の小・中学校で、教員が給与不足を理由に生徒から授業料や試験料の集金を行うことが暗黙のルールになっており、これが家計の負担となり中途で退学するケースが多発している。

20150330
【小学校で教えるカンボジアの教員】

 

《フン・セン首相、日本―カンボジア間の直行便就航に向け日本政府に支援要請》

 第三回世界防災会議出席のため日本を訪問していたカンボジアのフン・セン首相は、3月15日に日本・カンボジア首脳会談に臨み、安部首相に対してカンボジア・日本間の直行便就航実現に向け、支援を要請した。
 この要請に対して安部首相は、ANAが直行便就航に興味を示していることをフン・セン首相に伝え、早期実現に向けて最善を尽くすと述べた。

 

《不発弾で子ども四人が負傷》

 3月28日、シェムリアップ県チークレン郡の小学校付近で不発弾が爆発、少年四人が負傷する事故が発生した。
 爆発したのは、カンボジア内戦中の1980年代に、政府軍がポルポト派との戦闘に用いた中国製爆弾で、少年らは学校の近くでこれを発見、金属クズとして販売しようとして棒でつついたところ、突然爆発したという。
 カンボジアにはまだ無数の不発弾が地中に埋められており、政府は注意を呼びかけている。

 

《アンコールワットで撮影されたヌード写真は中国人の仕業と判明》

 今年の1月頃、インターネットに投稿されたこのトップレス画像は、カンボジア当局が発見した。この写真はカンボジア人によって拡散され、多くが怒りと非難のコメントを寄せているという。
 カンボジア当局によると、これまでの捜査で、これらの写真は中国人によるものと判明、今後の捜査で撮影者とモデルを特定、法的措置を取りたいとしている。

          2015年3月30日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 春を飛び越えいきなり猛暑に | トップページ | 洪水が押し寄せる村に高床の校舎が完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアからのトピックニュース:

« 春を飛び越えいきなり猛暑に | トップページ | 洪水が押し寄せる村に高床の校舎が完成 »