« 東久邇宮記念賞の受賞式が大阪で開催される | トップページ | プレゼントしたはずの自転車はどこへ? »

2015年4月27日 (月)

「学校に行かないことを許してくれてありがとう」

 前週のブログで紹介した「東久邇宮記念賞」を、11名の本会会員が受賞した。10年程度の会員としての活動実績があることを選考基準とし、該当する会員を推薦するため各人に打診したが、受賞した三重県在住の里親会員様から、感動的なお便りを頂戴した。
 4月18日、大阪市内で開催された受賞式&祝賀パーティーにも出席してくれた。席上本人の同意を得たので、ここにお便りを紹介したい。(一部省略)

 いつもお世話になっています。
 東久邇宮記念賞へ推薦下さるとのこと、ありがとうございます。
 思えば、入会させて頂いてそろそろ10年ですね。これまで里子から頂いた手紙の中に、一通、深く心に響いたものがあります。この機会に、少しだけその話をさせてください。

 17歳で中3の彼女は、近くに出来たばかりの高校に行きたいと言っていました。
けれど、近年の気候不順や国際経済の不調の影響で、悩んだ末にそれを断念しました。
 里親として、私はやはり残念に思いました。支援したからには、高校まで行って欲しいという思いがあったからです。しかし彼女にも事情があるのだからと、続けて妹の支援を申し出ました。
 その直後に、彼女から届いた手紙です。

 『 ……(略)……
 今年、家族の生活は良くなかったし、祖父母も年取ったし、母も病気がちだし、雨水量は足らないので、田んぼを作るのも大変です。それで、家族の生活を助けるために、新学年に高校へ進級しないで、工場で働くのを決めました。
 里親さんは私が進級しないことを理解しましたね! 理解した後、私を怒らないで、私の代わりに、続けて妹を里子になるので、嬉しいです。ありがとうございました。 』

 進学しないことを叱らないでくれてありがとう、と彼女は言いました。
 それを読んだ瞬間、胸が震えました。
 私たち先進国の大人にとっては、高校を出るのは当たり前です。もしも自分の子供が高校に行かないと言い出したらきっと、「高校くらい出やんでどうすんの!」と怒っていたでしょう。
 でも彼女には彼女の事情があり、泣く泣く諦めざるをえなかった。それを里親さんに叱られるかもしれないと不安に思っていた……。だから、「学校に行かないことを理解してくれてありがとう」と言ったのでしょう。
 こんなお礼を言われるとは、夢にも思っていませんでした。
 それまで数年間は、いつも「学校に行かせてくれてありがとう!」という手紙をもらっていました。
 最後の手紙は、「学校に行かないことを許しくれてありがとう」でした。
 私にとって一番の宝物は、この最後の手紙です。
 この子を支援して良かった、と心から思いました。思いやりのある、強い子です。
 人には様々な事情があります。はじめは私も、「たくさん勉強して、国際的にも活躍するような人材に育って欲しい!」と願っていたけれど、そんなこと、親の勝手な期待でしかない。
 彼女にとっては、遠くの誰かではなく、いつも側にいる家族を支え、逞しく自分の力で生きることの方がずっと大事だった。
 その生き方に、私は心からの敬意を感じました。「彼女は大層な学歴はなくとも、立派な大人に育った」と思いました。
 遠い異国の状況や、そこに住む人々の想いを理解することは難しいです。ついこちらの常識を押し付けそうになってしまう。
 でもそれぞれの生き方を認め、寄り添ってあげることがどれだけ大切なことか!

 かつて尊敬する先生が言いました。
 人生は、出逢いのためにあると。
 この会は、カンボジアの農村の子らを学校に行かせるプロジェクトですが、学校に行くことだけが全てではなく、会の支援活動を通して、様々な出逢いや感動を与えあい、支え合い、互いの人格をより大きく育てていくことが一番の目的のように感じます。

 私は自分の子供を持っていません。将来も持たないでしょう。その分、同じ地球に生まれながらも貧しさや不遇な環境のせいで教育を受けられない子供たちに支援が出来たら、一人の人間として、大人としての責務を少しは果たせるかと思い、貴会に入会させて頂きました。
 自身が職を失い、支援の継続を悩んだこともありますが、こうして10年目を迎えられました。
 一所懸命に生きる異国の若者の人生を支える小石の一つになれたことを、心から嬉しく思います。また、助けるのみでなく、豊かな日本という国にいるだけでは決して分からなかった、美しい生き様を見せて頂いたことに感謝します。

20150504_001
【里子から届いた手紙と写真】

          2015年5月4日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 東久邇宮記念賞の受賞式が大阪で開催される | トップページ | プレゼントしたはずの自転車はどこへ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「学校に行かないことを許してくれてありがとう」:

« 東久邇宮記念賞の受賞式が大阪で開催される | トップページ | プレゼントしたはずの自転車はどこへ? »