« カンボジアからのトピックニュース(その2) | トップページ | 東久邇宮記念賞の受賞式が大阪で開催される »

2015年4月13日 (月)

定期総会&創立15周年の集いを開催

 4月4日(土)、練馬区立「練馬文化センター・会議室」において、第13回定期総会及び創立15周年の集いを開催、約20人の会員さんが集った。
 これらの集会に先立ち、午前中に今年度第1回の理事会が行われ、10人の理事さんが出席してくれた。

20150420_001
【第13回定期総会】

 軽い昼食の後、第13回となる定期総会を開催、今年度活動計画などの案件を審議、すべて承認された。
 定期総会に続いて「創立15周年の集い」が開かれた。最初に、現地の活動状況を収めたビデオを鑑賞、撮影者が素人だったためか手振れが激しく、数人の方が「船酔い状態」になるハプニングが起きた。
 上映後、自己紹介やフリートーキングで盛り上がり、午後4時半にはすべて終了、会場をあとにした。

20150420_002
【創立15周年の集い】

 解散後、残った会員さんたち数人がお茶を飲むことになり、練馬駅周辺の喫茶店を探したがどこも満員、あきらめてそれぞれの帰路に着いた。遠くは愛知県・茨城県などからも来てくださり、感謝している。
 来年の定期総会は、会員さんからの要望があり、日曜日に開催することが決まった。(2016年4月3日を予定)

 今から15年前、数名の仲間と始めた本会の活動はおかげさまで大きく成長することができた。2003年にはNPO法人の認可を取得、今年は更にグレードアップし、認定NPO法人の取得に向け、作業を開始した。会員数も幽霊会員(退会の意思表示がないのに会費を頂いていない会員さん)を含めると全国に約500人。今年も様々な活動にチャレンジしていくことにしている。

 今年は戦後70年の節目にあたる。太平洋戦争で激戦地となったパラオ共和国を、天皇、皇后両陛下が訪ねた。戦後70年に合わせた慰霊の旅だ。日米双方に多くの戦死者が出た「ペリリュー島」にも渡り、碑に赴いた。

 戦争を放棄した戦後日本、今度は経済大国への道を歩み、世界が驚愕する経済発展を成し遂げた。戦争でご迷惑をおかけした東南アジア諸国に、政府の途上国援助(ODA)や、私達のような民間支援団体(NGO)による国際貢献がなされ、今もなお継続中だ。

 歴史の流れから見れば、私達の立ち位置はここにある。成熟国家として、いまだ貧しさの中にある人々に対し少しでも富を分かち合うことは、国益にもかなうことだ。

          2015年4月20日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« カンボジアからのトピックニュース(その2) | トップページ | 東久邇宮記念賞の受賞式が大阪で開催される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定期総会&創立15周年の集いを開催:

« カンボジアからのトピックニュース(その2) | トップページ | 東久邇宮記念賞の受賞式が大阪で開催される »