« アケミさん、ありがとう | トップページ | 取り残された子どもたち »

2015年5月27日 (水)

カンボジアの青年に話しを聞いた

 成長著しいカンボジアにあって、今後を担う青年たちの将来の夢は何か、日本についてどう考えるか、5月23日、4人の青年にプノンペン市内で食事をしながら話を聞いた。

 4人の青年は、王立プノンペン大学日本語学科の2年生で、年齢は20歳~22歳。授業は夕方からなので、昼間はアルバイトしたり、補習に当てている。

 全員が地方出身者で、プノンペン市内でアパートを借りたり、親や兄弟と一緒に暮らしている。

 大学で日本語を学ぶ理由について聞くと、全員が日本への留学を希望していた。まずは日本語を学び、日本の大学で専門の勉強をしたいという。

 その内訳は様々で、さらに日本語を学び帰国後は地方で日本語を教えたい、コンピューターを学び帰国後教師になりたい、農業を学び帰国後は地方に戻り、農業に関わる工場を作りたいという。

20150601_01
【元気で明るいカンボジアの大学生たち】

 日本人について聞くと、すぐに出た言葉は「きびしい」と「時間を守る」だった。大学でも、日本人の先生から厳しく指導を受けているそうだ。

 日本の製品について聞くと、一様に高度な技術に感嘆していた。車はトヨタ、バイクはホンダ、これなしにカンボジアでは暮らせない。

 余暇活動について聞くと、サッカー、バレーボールなどのスポーツが多かった。カラオケには行かないそうだ。

 一番大切にしているものについて聞くと、家族と答えた。

 カンボジアは家族や親戚が強い絆で結ばれていて、育ててくれた親を大事にする文化が残る。保険や年金のない国なので、親の老後は子どもたちが仕送りして最後まで面倒を見るのが慣わしだ。

 かつて日本もそうだった。古き良き日本の昔が懐かしい。

 将来に夢と希望を持ち、明るく生きるカンボジアの青年たちに触れ、いっとき私の青春時代を思い起こさせてくれた。

 学校を終え社会人となり40数年、夢の実現に向けあちらこちらにぶつかりながら、何とかここまで辿り着いた。だが道半ばと思い、さらなる夢の実現のため、悔いのない余生を過ごしたい。

          2015年6月1日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« アケミさん、ありがとう | トップページ | 取り残された子どもたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの青年に話しを聞いた:

« アケミさん、ありがとう | トップページ | 取り残された子どもたち »