« 僻村の子どもたちも学べるよう、支えてあげたい | トップページ | 東北地方で初の写真展を開催 »

2015年6月24日 (水)

チア・シム上院議会議長が逝去

 また一人、大きな星が墜ちた。6月8日、カンボジア上院議長で与党・人民党の党首を務めるチア・シム氏が逝去した。82歳だった。
 チア・シム氏はフン・セン首相、ヘン・サムリン国会議長と並び与党・人民党を長年指導し、カンボジア国民に長く愛された人物だった。

20150629_001
【チア・シム氏を乗せた霊柩車】

 近年は高齢に伴う体調の悪化で、公の場に出ることは少なくなっていたが、カンボジアの道路にはフン・セン首相、ヘン・サムリン国会議長と並び、人民党の立て看板に大きな顔写真が掲げられていた。
 6月19日には氏を弔う国葬がプノンペン市内で執り行われ、多くの市民が別れを惜しんだ。この日官庁は臨時休業となり、テレビやラジオでは派手な音楽は自粛、カラオケ店なども休業した。

20150629_00
【左からシハモニ国王、シハヌーク前国王王妃、1人おいてヘン・サムリン国会議長、フン・セン首相】

 私は、近年カンボジアを率いた3傑のうち、1998年にフン・セン首相に面会、昨年11月にはヘン・サムリン国会議長にも会うことができたが、チア・シム氏だけは会うことが叶わず、とても残念だった。

 ただ縁があるとすれば、2003年、本会が最初に小学校の校舎を贈った小学校が「チア・シム小学校」だった。最初の校舎をチア・シム氏が寄贈してくれたため、「チア・シム小学校」と命名されたそうだ。校舎を寄贈してくれた武藤滋さん(静岡県沼津市・里親会員)はチア・シム氏より6歳上の88歳、今もご健在だ。

 長年カンボジアを率いたチア・シム氏の逝去に哀悼の意を表するとともに、その偉大な功績のもと、カンボジアがさらに平和で豊かな国になるよう、微力ながら努力したい。

          2015年6月29日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 僻村の子どもたちも学べるよう、支えてあげたい | トップページ | 東北地方で初の写真展を開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チア・シム上院議会議長が逝去:

« 僻村の子どもたちも学べるよう、支えてあげたい | トップページ | 東北地方で初の写真展を開催 »