« チア・シム上院議会議長が逝去 | トップページ | 再びぬいぐるみを持ってカンボジアへ »

2015年6月26日 (金)

東北地方で初の写真展を開催

 本会では、カンボジアの現状理解と協力者獲得を目的とし、写真展を年数回開催している。
その多くが東京都内だが、時おり地方に住む会員さんにお願いし、東京以外でも開催している。

 6月15日~24日、岩手県奥州市の「めんこい美術館」で写真展「カンボジアの子どもたち」を開催、延べ500人以上が来館した。21日の午後行われた「活動報告会」には約60人が出席、私から会の設立経緯、その動機などについて分かりやすく説明した。

20150706_001
【全国から集まった会員さんと、お手伝いしてくれた奥州市の皆さん】

20150706_002
【来館者に説明する及川英博さん(奥州市・理事・里親会員)】

 特に会を設立した動機について、カンボジアの皆さんは、終戦後食べ物が不足して苦労していた日本人にあたたかい手を差し出してくれ、食糧支援してくれたこと、世界で一番早くに戦後賠償請求を放棄してくれたこと、アジアで最初に友好条約を締結してくれたこと、国王が日本を訪問してくれたことなど、沢山の恩義があったことを取り上げ、出席者も納得していた。

 資料があまり残っていないが、太平洋戦争中、旧日本軍はカンボジアの各所に飛行場を建設、安い労賃でカンボジア人を酷使、犠牲者もかなり出たそうだ。にもかかわらず、食糧難で苦しむ日本人を支援してくれたことは、大きな借りとなった。

 報告会では、このほかに石川桂さん、鈴木千雄さん、上山陽子さん、遠藤啓さん、菊池和雄さん、村田環さんが現地での活動について具体例を挙げて報告した。

 今回行われた写真展は、及川英博さん(奥州市在住・里親会員)と奥様の弘子さん中心に準備が進められ、同市在住の里親会員である佐藤栄人・トス子さん、大星スズ子さん、村上花恵さんらがお手伝いしてくれた。

 時間が取れたので翌日は及川さんと佐藤さんが、平泉中尊寺などの世界遺産を案内してくれ、観光を楽しんだ。前沢牛で有名なレストラン「牛の里」で昼食をいただき、午後3時頃の新幹線で帰郷した。「牛の里」の女将、高橋恵子さんも、本会の里親会員である。

 今回開催した写真展は、本会の発足15周年を記念し、東北地方で初めて開いたもので、遠藤啓さんらが撮影した写真、約150点を展示した。来年6月には奈良県での開催を予定している。

          2015年7月6日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« チア・シム上院議会議長が逝去 | トップページ | 再びぬいぐるみを持ってカンボジアへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方で初の写真展を開催:

« チア・シム上院議会議長が逝去 | トップページ | 再びぬいぐるみを持ってカンボジアへ »