« 最近のカンボジア事情(1) | トップページ | 安城市の小学校から、カンボジアの小学校へ出前授業 »

2015年7月30日 (木)

最近のカンボジア事情(2)

愛 7月8日~28日、カンボジアに滞在した。あちらこちらに足を運ぶ中、撮り溜めた興味深い写真を2回~3回に亘り掲載したい。

 《フランスが残したものは?》
長年フランスの植民地だったカンボジア。主権が奪われ列強の餌食とされた中、フランスパンの製造技術が置き土産として残った。
夢ホームの近くに、最近できたパン屋さんを覗けば、青年がフランスパンを製造していた。安くて美味しいパンは、瞬く間に売れていった。(値段は1ヶ20円~30円)

001

 《台風の影響で海も大荒れ》
7月、日本など東アジアを襲った3つの台風、その一つがカンボジアの海にも影響を与えた。訪れたシハヌークビルの海岸は大荒れで、泳ぐ人もまばら。カンボジアでは珍しいことという。

002

 《ボートで一斉に帰宅》
久しぶりに訪問したシェムリアップ・トンレサップ湖の水上生活小学校。お昼の時間になると生徒たちは一斉に帰宅した。勉強熱心な小学校、自宅に戻り昼食後、午後もボートで通学し、授業を受けるそうだ。この時期まだ水が少なくて、ほていあおいの草が邪魔して漕ぎにくそうだった。

003

 《ワニの子ども》
あのどう猛なワニも、赤ちゃんは30センチに満たない小さな体。これが数年後には1~2メートルにもなるという。トンレサップ湖では、各家庭でワニを飼育、大きくして業者に売っている。

004

 《卵を抱くニワトリとガチョウのお母さん》
夢ホームで飼っているニワトリとガチョウが3羽並んで卵を抱いていた。1~2週間後には可愛いひなが産まれることだろう。近くに寄ったら、お母さんニワトリに怒られた。母性本能だ。

005

          2015年8月10日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 最近のカンボジア事情(1) | トップページ | 安城市の小学校から、カンボジアの小学校へ出前授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のカンボジア事情(2):

« 最近のカンボジア事情(1) | トップページ | 安城市の小学校から、カンボジアの小学校へ出前授業 »