« 写真展&公開講座を調布市で開催 | トップページ | カンボジアの子どもたちが非行に走らないよう、僕たちが頑張る »

2015年8月27日 (木)

あんなに元気だった人が・・・

 本会を通じ、カンボジアに3つの井戸を寄贈してくれた高田都悠子さん(札幌市在住、会員)が6月17日、病気のため亡くなった。72歳だった。

 高田さんは、本会以外でもカンボジア支援活動をしておられ、心からカンボジアの子どもたちを愛してくれた人だった。
 娘さんのお話では、最期、昏睡状態にあっても、うわごとの中でカンボジアのことを気にかけていたそうだ。
 8月には、本会を通じて寄贈した井戸を見に行く予定だったが、叶わなかった。

20150907_00_3
【高田都悠子さん】

 高田さんが最初に井戸を寄贈してくれたのは、2012年5月。高田さんが前から支援していた、シェムリアップの街から3時間ほどかかる小学校に井戸を作ってほしいということだった。事前調査のため、高田さんが送ってくれた小学校までの簡単な地図をたよりに出かけたが、場所が分からず苦労した経験が、今では懐かしい。
 その時に寄贈した井戸のネームプレートは「北海道より愛を込めて!」だった。

20150907_002
【高田さん含む4人の協力で完成した井戸(2015年3月)】

 今年の3月には、2基目と3基目の井戸を寄贈してくれたが、2基目は高田さんの友人4人の連名、3基目は高田さんが所属していた「札幌生涯学習友の会」によるものだった。

 カンボジアを愛して亡くなった高田さんの遺志は、カンボジアの子どもたちがしっかりと引き継いでくれるに違いない。

          2015年9月7日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 写真展&公開講座を調布市で開催 | トップページ | カンボジアの子どもたちが非行に走らないよう、僕たちが頑張る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんなに元気だった人が・・・:

« 写真展&公開講座を調布市で開催 | トップページ | カンボジアの子どもたちが非行に走らないよう、僕たちが頑張る »