« トウロン・メアリ閣下と久しぶりに会食 | トップページ | 千里の道も一歩から »

2015年10月27日 (火)

久しぶりに武藤滋先生を訪問

 10月21日、遠藤啓さん(静岡県伊豆の国市、会員)の運転で、久しぶりに武藤滋先生(静岡県沼津市・里親会員)を訪ねた。武藤先生は11月に90歳を迎えるが、とてもお元気だった。この所、判を押したように春・秋の年2回、先生のお宅を訪問している。

 武藤先生とは長いお付き合いである。本会が創立して3年目の2002年、「カンボジアふれあいの旅」に参加していただいた。それがご縁で2003年、奥様とご一緒に小学校の校舎を2棟寄贈してくれた。同年、現地活動用にと新車両(トヨタハイラックス)を寄贈してくれた。この車両は昨年秋までフル回転し、会の活動に大きな貢献をしてくれた。

 2009年、夢ホームのために沢山の建設資金を提供してくれ、図書館も作ってくれた。
 現在もなお、11人の子どもたちの教育里親になっており、先日の訪問時に、里子へのプレゼント代をお預かりしたところだ。

 このほか、事ある毎に寄付金をいただいており、武藤先生の多大なご尽力を抜きに、本会の成長を語ることは出来ない。

20151102_001
【左から、訪問に同行した島田知美さん、武藤先生、遠藤啓さん、根岸。(写真提供=遠藤啓様)】

 武藤先生を訪問するとき、必ず立ち寄る場所が2ヶ所ある。ひとつはお寿司屋。沼津漁港に近いお寿司屋さんで、新鮮なねたの寿司をいただくのも訪問の楽しみ。

 もう一つは、赤澤節子さん(88)を見舞うこと。赤澤さんは長いこと本会の里親会員だったが、数年前に脳梗塞で倒れ、現在は沼津市内のケア付き住宅で余生を過ごしている。本職は看護師さん、半世紀以上、著名な外科医だった武藤先生を助け、医療に身を捧げてくれた方だ。

 本会も創立して15年が経過し、初期に貢献してくれた方々が高齢期を迎えている。そうした方々に対し、その恩を忘れることなく顕彰していくことが、会の創設時を知る私の役目でもある。

          2015年11月2日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« トウロン・メアリ閣下と久しぶりに会食 | トップページ | 千里の道も一歩から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに武藤滋先生を訪問:

« トウロン・メアリ閣下と久しぶりに会食 | トップページ | 千里の道も一歩から »