« やはり平和が一番、来年もそうあってほしい | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

2015年12月28日 (月)

この一年、支えてくれてありがとうございました

 2015年(平成27年)も、あと数日を残すのみとなった。あっという間だった反面結構長くも感じ、それなりに有意義な一年だった。あなたはいかがでしたか?

 年をとると一年が早いとよくいわれる。確かに子どもの頃は長かった気がする。しかし一年の長さは今も昔も同じ。要は過ごし方であって、忙しく動き回っていれば短く思い、退屈で暇をもてあましていれば長く感じることだろう。

 本会も充実の一年だった。特に現地活動においては、カンボジア人スタッフが定着して、日本のスタッフと連携し、とても良い仕事をしてくれた。

 ネット環境が急速に発達したことも大きい。現地事務所(プノンペン市)と東京本部(練馬区)は、ほぼ毎日スカイプで情報を交換している。メール併用で迅速かつ正確な仕事が可能になった。EMS(国際スピード郵便)の普及もすごいことだ。昔はカンボジアに荷物を送るのに1ヶ月かかっていたのが、今は2日もあれば、荷物が届いてしまう。

 しかし、どんなに機器が発達しても、情報は生のほうがいい。現場に行き、つかんだ感触をできるだけそのままにお伝えすることが大事と、今年も隔月にカンボジアを訪問した。今や定期便となり、教育里親さんから里子への贈り物を届けたり、里子からの手紙を教育里親さんに届けたりしている。隔月に発行する会報「アンコールワット」も、現地から情報を仕入れてこなければ、白紙のまま送ることになってしまうのだ。

 残念だったのは、今年も多くの会員さんを見送ったこと。山口信正さん(東京都)、角田勲さん(東京都)、園田建次さん(群馬県)、高田都悠子さん(札幌市)、青山悦子さん(富山)、蓮見町子さん(横浜市)。皆さん、熱心にカンボジアを支えてくださった。

 今年の活動を終えるに当たり、会員の皆様をはじめ、この活動に興味を示してくれた多くの方々に、あらためて感謝の気持ちを捧げたい。

 さて来年は、早々に1月7日からカンボジア訪問を予定している。いつまで行けるか分からないが、健康である限り、また本会が存続する限り、カンボジアと日本の往来を続けるつもりである。

20160111_001
【明るく元気な夢ホームの子どもたち(写真提供=遠藤啓様)】

20160111_002
【笑顔が素敵な村の子どもたち(写真提供=遠藤啓様)】

          2016年1月11日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« やはり平和が一番、来年もそうあってほしい | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一年、支えてくれてありがとうございました:

« やはり平和が一番、来年もそうあってほしい | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »