« 寒い日本から暖かいカンボジアへ | トップページ | 「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」石川代表がカンボジア訪問 »

2016年1月29日 (金)

30の小学校に遊具を届けました

 日本の小学校には遊具が沢山設置されている。私が小学生の頃(60年も前のことですが・・・)、すでに様々な遊具が校庭狭しとばかりに並んでいた。ブランコ、滑り台、シーソー、ジャングル、竹昇り、鉄棒などなど。お昼休みや放課後、真っ黒になって遊具で遊んでいた。

 カンボジアは、遊具のある小学校がまだまだ少ない。皆無ではないが、ざっくり80%の小学校に遊具がない状況だ。

 そこで本会は、子どもたちへの教育支援活動の一つとして、カンボジアの小学校にブランコ・滑り台などの遊具を贈る運動を2007年に開始、今まで28の小学校に寄贈した。

 そして、記念すべき29校目、30校目の贈呈式がカンボジアの小学校であった。

 寄贈してくれたのは、二本松ロータリークラブ(福島県二本松市)の皆さん。3名が1月18日から20日までカンボジアに滞在、19日、2つの小学校で贈呈式を行った。

20160208_001
【二本松ロータリークラブの皆さん】

 同クラブは、4年前から毎年1月にカンボジアを訪問、小学校に井戸やトイレ棟を寄贈してくれた。また、一部のクラブ員は「クメール教育里親基金」の里親会員にもなってくれ、遊具贈呈式のあと、教育支援する里子の家庭を訪問した。

 子どもたちは、初めてのブランコ・滑り台を我先にと楽しんでいた。
 それを見ていて、自分が小学生だった頃を思い出し、懐かしんだ。

20160208_002
【すべり台を楽しむ小学生たち】

 カンボジアの子どもたち、特に農村の子どもたちは、概ね貧しい家庭でその日暮らしをしている。スマホも携帯もなく、電気もない、水道もない中で、耐えて暮らしている。そんな子どもたちだが、表情は日本の小学生よりハツラツとして輝いているかのようだ。

 今年、カンボジアの小学生と日本の小学生が交流する事業を始める。これはカンボジアの子どもたちのため以上に、ある意味日本の小学生のためでもある。

          2016年2月8日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 寒い日本から暖かいカンボジアへ | トップページ | 「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」石川代表がカンボジア訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30の小学校に遊具を届けました:

« 寒い日本から暖かいカンボジアへ | トップページ | 「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」石川代表がカンボジア訪問 »