« この一年、支えてくれてありがとうございました | トップページ | 今年も青空小学校に校舎ができます »

2016年1月 6日 (水)

新年あけましておめでとうございます

 2016年が幕を開けた。はて、今年はどんな年になるのやら。             
昨年は山もあり谷もあったが、おかげさまで充実の一年だった。今年も更なる高みを目指し、まい進していきたい。

 本会は昨年創立15周年を迎え、円熟期に入った。次の節目である20周年まであと5年、活動の方向性にぶれはないが、成長するカンボジアの現状を踏まえ、支援一辺倒の活動に相互交流活動を加え、バランスの取れた活動を展開していきたい。

教育里子との交流
  本会は、今日現在で385人の教育里子を支援しているが、里子からは年2回の手紙(写真付き)が届くものの、より親密に交流したい里親さんには、里子へのプレゼントをお勧めしたい。少量なら日本から運ぶことも可能だが、日本の事務局へお金を送り、プレゼントを現地購入する方法が最適。プレゼントは現地スタッフが里子に届け、本人からのお礼状(写真付き)が里親さんの所に届く。プレゼントの申し込みは偶数月の末日。
 年3回実施される「カンボジアふれあいの旅」に参加すれば里子に会うことも可能、その時にプレゼントを持参してもよい。

20160118_001
【教育里親さんからの里子へのプレゼント(お米とお菓子のセット)】

② 小学校同士の相互交流
  カンボジアの小学校は、全土に約5000校ある。生徒数2千人以上のマンモス小学校もあるが、100人~300人の小学校が標準だ。
  日本の小学校とカンボジアの小学校の相互交流を通じ、親睦を深めるとともに、現状への理解を促していきたい。実際に行き来することは困難なので、絵画や手紙、写真を通じての交流が中心となる。会報で、交流を希望するカンボジアの小学校を順次紹介したい。

20160118_002
【生徒数200人前後の小学校が多い】

③ カンボジア語を学ぶ講座
  交流活動を補足するため、初心者向けにカンボジア語を学ぶ機会を設けた。まず手始めに、2月~4月にかけ、東京都内(本会の銀座サロン)で開催する。講座の回数は10回だが、受講者からの要望あれば、更に6月~8月に10回の講座を企画する。詳細は1月1日付会報に掲載。

 このほか、5月7日~8日、代々木公園で開催される「カンボジアフェスタ」に出展、在留カンボジア人や留学生との交流を図る。

          2016年1月18日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« この一年、支えてくれてありがとうございました | トップページ | 今年も青空小学校に校舎ができます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年あけましておめでとうございます:

« この一年、支えてくれてありがとうございました | トップページ | 今年も青空小学校に校舎ができます »