« 「国際ソロプチミスト安城」からソーラー・システムが贈られる | トップページ | カンボジアの小・中学校にトイレを贈ろう »

2016年3月24日 (木)

凸凹道、砂塵、停電の3重苦を乗り越えて

 「田舎のバスはおんぼろ車~凸凹道をガタゴト走る~」私が子どもの頃に流行った歌だが、今や日本の道路は田舎道も舗装され、よほど山奥に行かないと凸凹道にはお目にかかれない。

 しかし途上国となれば事情は一変、カンボジアでも、国道は舗装されたが一歩側道に入れば戦後の日本でもなかったような超凸凹道の連続だ。

 おまけに乾季、滞在中一滴の雨も降らず、フロントの前が見えなくなるほど砂塵の嵐。日本から持参したマスクが活躍してくれた。

 3月3日に現地入りし、今日の夕方、帰国の途に着く(23日)。約3週間の長旅だったが、日曜日を除き、毎日地方へ出かけ凸凹道に揺られた。おかげで持病の腰痛が再発、マッサージ通いの日々を過ごした。

 たまの日曜日、部屋でゆっくりするはずだったが、今度は停電に見舞われた。エアコン・扇風機が使えず、蒸し風呂の部屋で5時間過ごした。日本なら大ニュースだが、こちらでは日常茶飯事。

 良いことも沢山あった。色々な人に出会った。
 プー・ソテリアッ元駐日大使の自宅(プノンペン市内)に招かれ、美味しいカンボジア料理を頂いた。

 4月に100歳になる元大使のお父様がウナロム寺院(プノンペン市内)で僧侶をしておられると聞き、早速インタビューにでかけた。平均寿命が短いカンボジアでは100歳は奇跡的だ。ポルポト時代はアメリカにおられたことも幸いした。

20160404_001_2
【プー・ソテリアッ元駐日大使の自宅で】

20160404_002
【100歳の僧侶とともに】

 滞在中、校舎1棟、トイレ3棟、井戸7基、ソーラー1式の贈呈式を行った。ふれあいの旅も参加者の皆様に喜ばれた。

 日本の教育里親さんから預かったプレゼントを、20人の里子に届けた。まずは成果をお土産に、桜が開花した祖国へ旅立つところだ。

          2016年4月4日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 「国際ソロプチミスト安城」からソーラー・システムが贈られる | トップページ | カンボジアの小・中学校にトイレを贈ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凸凹道、砂塵、停電の3重苦を乗り越えて:

« 「国際ソロプチミスト安城」からソーラー・システムが贈られる | トップページ | カンボジアの小・中学校にトイレを贈ろう »