« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月23日 (月)

年々暑くなる東南アジア

 5月のカンボジア滞在は2週間、「カンボジアフェスティバル」が終わるとすぐに旅立ち、明日(23日)の深夜便で帰国の予定だ。

 今回の訪問は久しぶりに一人旅、やや寂しさを覚えつつも気ままに振舞えたのが良かった。

 日本も同様なのであまり大きい声で言えないが、カンボジアの5月は祝日が多く、活動しずらいことがあった。数えてみると7日ある。
 これに土・日を加えると月の半数がお休み。祝日を取ることは決して悪いことではないが、気がかりは子どもたちの登校日が少ないことだ。

 加えて、今年は東南アジア全域が異常な暑さに見舞われており、カンボジアの教育省では暑さが収まるまで、午前中の授業終了タイムを11時から10時半にする措置を取った。

 暑さに加え、今年は雨が降らず、農家も悲鳴を上げている。通常5月から雨季に入るが、今のところ雨季とはいえない降雨量だ。野生動物も沢山死んだと新聞に出ていた。

 灌漑設備の乏しいカンボジアの米作は雨が唯一の水源、降らないことには田植えが始まらない。
 日本も災害が多い国だが、カンボジアも熱波と水不足という2つの災害と日々闘っているのだ。

 さて今度の旅も、会の活動をほぼ予定通りに遂行できた。建設中の小学校校舎の視察、井戸の贈呈式、里子のプレゼント配布、夢ホーム訪問、現地スタッフとの打ち合わせなど、充実した日々を過ごした。

 幸い、9月から成田⇔プノンペン間の直行便の就航が決まり、体力の負担軽減に繋がる。
 10年間欠かさなかった隔月訪問も、体力的に厳しくなっている矢先の朗報は実にタイムリ-であった。

20160530_001
【夢ホームでは10歳の女の子が入園し、子どもの数が11人になりました。
 榎戸さんがひまわりの種を日本から持参、満開になりました。】

20160530_002
【湯本悦次さん(里親会員)が、小学校に井戸を寄贈してくれました。】

          2016年5月30日(月) 根岸恒次(法人理事長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

カンボジアフェスティバル2016に出展

 5月7日~8日、東京都内の代々木公園(ケヤキ並木)において「カンボジアフェスティバル2016」が行われ、出展した。フェスティバルは昨年から行われ、今年が2回目。本会は初出展した。
  (特活)カンボシアコミュニティが主催、カンボジア王国大使館、カンボジア留学生協会などが共催した。

 会場には飲食店、NGOなど約40団体が出展、両日とも暑いほどの晴天に恵まれた。隣りの会場では「ブラジルフェスティバル」が開催、相乗効果で多くの来場者でにぎわった。  
  性的少数者の支援を呼びかけた「東京レインボープライド」も同会場で開催された。

 メインステージでは、カンボジア王立舞踊団による舞踊公演、民族衣装ファッションショー、カンボジア芸能人によるパフォーマンスなどが行われた。

20160507_001_3
【カンボジア王立舞踊団による舞踊公演】

 本会はテント半分の出展だったが、大きいテントだったので、十分なスペースだった。
  両日、のべ15人以上の会員さんがお手伝いに来てくれ、カンボジア製品を販売したり、会報配布などのお手伝いをしてくれた。2日間で約10万円の売り上げがあった。

20160507_002
【本会のブース前には買い物客でにぎわっていた】

20160507_003
【お手伝いしてくれた会員の皆さん(5月7日)】

 出展したNGOは15団体ほど。最近活動を開始した団体が多く、活動歴が15年以上は本会を含め2~3団体だった。

 毎年この時期に開催されるそうなので、来年も参加する予定。

          2016年5月23日(月) 根岸恒次(法人理事長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

9月からカンボジアへ直行便が就航します!

 直行便のないカンボジアへ行くためには、必ずどこかの国で乗り継ぐ必要があった。例えばバンコク、ホーチミン、インチョン、香港、上海、マレーシアなどなど。行くだけで丸一日かかっていた

 だが、9月から全日空による直行便の就航が決まり、今月からチケットが売り出された。毎日1往復するという。過去、何度か直行便のうわさが出ては消えていた。今度もどうかな?と半信半疑だったが、夢が実現してホッとしている。

 カンボジアへの就航便は2路線、プノンペン行きとシェムリアップ行きだ。早速私は、9月8日、成田→プノンペン、9月21日~22日、プノンペン→成田の航空券をネットでゲットした。キャンペーン期間中ということで、往復航空券が総額5万1千円で購入できた。

 フライト時間は、午前10時50分に成田を出発、午後3時10分にはプノンペンに到着する。帰国便は機中泊だが、夜の10時50分にプノンペンを出ると、翌朝6時45分には成田へ到着する。

 一番の心配は荷物の量だったが、23キロの荷物が2個まで無料(合計46キロ)となっており、他社より多くの荷物を運搬できる。

 直行便の就航は、カンボジアにとり大きなアドバンテージとなろう。ビジネス、観光、NGOと、よりいっそう活発になることが予想される。

 一年に3回実施する本会の「カンボジアふれあいの旅」も、11月から直行便を利用する予定。残念ながら成田空港のみだが、大勢の皆さんがカンボジアを訪れてほしいと願っている。

20160516_001
【「カンボジアふれあいの旅」も直行便で】

787
【就航の決まった全日空機】 出典:©ANA

          2016年5月16日(月) 根岸恒次(法人理事長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

第1回カンボジア語講座が修了

 カンボジア語を学び、カンボジア人、特に子どもたちと交流を深めようと、今年から初心者向け「カンボジア語講座」を始めた。その第1回目の講座が2月6日に始まり、4月23日に修了した。

 会場は、大川義廣さん(法人会員)が所有するビルの一室を無償で提供してくれた。銀座の歌舞伎座にほど近く、とても便利な場所である。

 講師は、カンボジア人留学生のノップ・ヴィサールさん(明治大学生)。昨年、共通の知人を介してお会いしたとき、講師をお願いした。住んでいる場所が浅草で、会場に近いことも幸いした。

 講座は、土曜日の午後2時から4時まで行われた。受講料は1回千円。
 講座の回数は10回で始めたが、教材として選んだ本を最後まで終わらせるには最低でも12回必要ということが分かり、5月14日、補講の形で2回分の講座を追加して行うことになった。

 受講者は11名で開始したが、うち9名が修了、4月23日の最終日に簡単な修了証書を授与した。

20160502_001
【第1回カンボジア語講座を修了した皆さん(4月23日、銀座サロンにて)】

 なお今後の日程だが、第2回目を集中講座の形で6月18日(土)~19日(日)に開催、両日ともに午前10時~午後5時。特に遠方の方が受講できるように配慮した。
 第3回目は8月から~11月にかけ、第1回同様、12回にわたり土曜日の午後開催する予定。

 カンボジア語は、やさしいようで難しい。特に文字を理解するのが大変。私などはカンボジアに行き始めて20年も経つというのに、いまだ文字が書けない。最初からあきらめているのだ。会話については、単語の並びが英語と同じなので、ある程度話せるようになったが、まだまだ初歩段階である。

          2016年5月9日(月) 根岸恒次(法人理事長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »