« 上半期の活動を終えて | トップページ | デチョーアンカイン鈴木小学校誕生! »

2016年7月19日 (火)

第33回カンボジアふれあいの旅

 7月6日~12日、第33回「カンボジアふれあいの旅」が行われ、本会会員ら7人が参加した。
 6日は移動日、活動は7日から。
 7日は、小学校を訪問して遊具(ブランコ・滑り台)と井戸の贈呈式に参加した。8日も同様だった。
 9日は、「クメール教育里親基金」の活動として、教育支援する里子の家を訪問した。
 10日は日曜日、本会が運営する児童養護施設「夢ホーム」を訪問、魚釣りなどして子どもたちと交流した。
 11日はプノンペン市内観光と自由行動、夕方には現地解散した。(12日に日本着)
 今回の旅は一部参加者を含む7人と少数だったが、内容の濃い旅だった。
 次回、第34回の旅は、11月3日~9日を予定しており、すでに申し込みが始まっている。アンコールワット観光や水上で学ぶトンレサップ湖の小学校を訪問するなど、盛り沢山の企画。締め切りは8月末日。定員は20人なので、申し込みはお早めに。

20160718_001
【里親会員の村西様が寄贈したくれた井戸の前で(学校が日本の国旗を用意してくれた)】

20160718_002
【里親会員の辻敬子さんが寄贈してくれたすべり台で遊ぶ生徒たち】

20160718_003
【夢ホームの池で子どもたちと魚釣りを楽しむ】

          2016年7月18日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 上半期の活動を終えて | トップページ | デチョーアンカイン鈴木小学校誕生! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第33回カンボジアふれあいの旅:

« 上半期の活動を終えて | トップページ | デチョーアンカイン鈴木小学校誕生! »