« 小学校の校舎が足りません | トップページ | 本会の理事、山本哲朗さん逝去 »

2016年8月26日 (金)

カンボジアのリオ五輪

 17日間にわたるリオ五輪が終わった。日本は41個のメダルを獲得し、2020年の東京五輪に弾みをつけた。

 カンボジアも、リオ五輪に6人の選手を送り込んだ。マラソンに男女1人ずつ、水泳競技に男女1人ずつ、テコンドーに女子1人、レスリングに女子1人の合計6人。

 カンボジアは、1996年のアトランタ大会から毎回選手を送っているが、メダルを取った選手はいない。(冬季大会は一度も参加していない)

 6人の選手団の1人、猫ひろし(39歳)がマラソンに出場した。5年前にカンボジア国籍を取得、ロンドン五輪は国籍変更直後だったので、オリンピック委員会が参加を認めなかったが、今回は、5月に行われたカンボジア国内の選考レーズで優勝、名実ともにカンボジア代表として臨んだリオ五輪だった。

 しかし、その結果は完走140人中139位。(途中棄権が15人)タイムも2時間45分55秒と、本人の自己ベストに遠く及ばなかった。それでも、完走したことに拍手を送りたい。

 猫ひろしは、カンボジア国民の期待を背負って参加した訳ではない。国籍を変更してまで五輪参加にこだわったことに賛否両論が渦巻いたが、合法的に参加したわけだから、誰も文句を言うことはできまい。

 カンボジアには、首都プノンペンのど真ん中に「オリンピックスタジアム」という名の競技場がある。もちろんオリンピックを開催した実績はないが、オリンピックにかける熱い思いがあるのでろう。名前だけでなく、そろそろメダルをねらえるような選手の出現を願いたいものだ。

20160905_001
写真:KHMER TIMES

          2016年9月5日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 小学校の校舎が足りません | トップページ | 本会の理事、山本哲朗さん逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアのリオ五輪:

« 小学校の校舎が足りません | トップページ | 本会の理事、山本哲朗さん逝去 »